半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

エアベンダー
2010/07/31(土)
 2010年アメリカ。監督:ナイト・シャマラン、出演:ノア・リンガー、ニコラ・ペルツ、デヴ・パテル。
 人間と精霊が共存する世界。世界を構成する4つの要素:気、水、地、火を操る能力者はベンダーと呼ばれた。その中でも、4元素全てを操れるベンダーはアバターと呼ばれ、精霊たちと協力して世界の調和を守る者として転生する。今生のアバター、気のベンダーのアンは、他の3つの要素を習得する旅に出る。



 世界の鍵を握るのが子どもという設定以外にも、ハリー・ポッターを彷彿とさせる雰囲気が全般的にただようのですね。
 ハリー・ポッターとの差別化をいかに図るかが、製作の難しさだったのではないでしょうか。
 設定はわかりやすくて、おもしろくなりそうな要素はたくさんあります。個人的には、世界観はハリー・ポッターよりも馴染みやすいです。

 では、ハリー・ポッターにあって、エアベンダーにないものは?
 それは、演技力。ここが、この2つの映画の出来の格段の差です。

 出演者たちに、監督が一番求めたのは武芸の巧拙なのでしょう。
 アン役のノア・リンガーくんはスポーツ武術の世界ではチャンピオン級なのだとか。一目で、本物の武術の使い手だとわかります。ヒロインのニコラ・ペルツも、一朝一夕の太極拳の腕ではないとわかります。
 そのぶんだけ、演技の巧拙はどうしても劣ってしまいます。 武術が不要な役もスター俳優を揃えているわけでもなく、ビジュアル面も、他の映画と比べるとどうしても。

 こうして比較すると、ハリー・ポッターシリーズは、決め技を使うにしても、杖をふるって呪文を叫べばいいですからね。役者さんたちは、そのぶん演技の勉強をする余裕も生まれますから、長編シリーズ化しても観るに耐える水準をキープできます。
 だけど、こちらの作品は・・・。
 シリーズ化を予定されているようですが、続編への楽しみがつながっていかない出来です。
 「水」の型は太極拳ベースだったから、次の「地」編はどの武術ベースかなあ。ノア・リンガーくんはきっと習得しちゃうんだろうなあ。美しいだろうなあ。という方面の楽しみになってくるわけです。
 興味のない人は見ることはないでしょう?
 
 物語の続きは気になりますが、映画として見るのはもう十分。
 続編はちゃんと上映されるのでしょうか?


  ご協力お願いします。1日1回クリック。
    ↓↓↓
   ブログランキング



 



<ラストシーン>

 アンは水のエレメントを操るのに成功し、北の水の国を火の国からの攻撃から守った。アバターは家族を持たず、自由を持たない。その運命から逃れようとしてきたアンに、水の国の民は跪く。アンは自らの運命を受け入れ、孤独なアバターとして生きる覚悟を固めるのであった。
スポンサーサイト
00:49 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:2


コメント
どうなんでしょう?
コミック原作らしいですね、この映画。
作品名も当初アバターだったらしいけど、先を越されて・・・
で、アメリカの原作ファンからは相当不評らしいけど、原作知らない私が見れば楽しめるのかなと思います。
何でも実写化しないときがすまないのか?アメリカの人はって思いますけど。
個人的に気になったのは、監督がナイト・シャラマンという点。
SFXてんこ盛り英画も作ってしまうのかと思うのは、最近のこの監督の作品を見てないからなのかな。
本人は幼少期に多大な影響を受けたスターウォーズを超える作品に仕上げることができたと思ってるらしいんですけど、どう感じました?
監督本人の印象はともかく、作品出すたびに世間からの評価が下がってしまってる気がするのが、残念。
    2010/08/06(金) 11:17:10 | URL | Normal13 #.jT1Mbu6[ 編集]
>Normal13様
遅レスすみません~。

そうですね、シャマラン監督ミステリー?ホラー?作品を期待するとアウトみたいですね。
期待はせずに、多彩なシャマラン作品の1つの形態と認識するのが正解じゃないかと思います。
シャマラン監督も主演のノアくんがいなければ、この作品を作らなかったと言っているようですから、ノアくんを見る作品と割り切れば、それなりに楽しめます。けど、ね、うーん。

スターウォーズに似てるかと言えば。
悪の帝国みたいなのがいるところとか? 親子の確執とか? 構想はいいのに、人物描写が深みがないところとか?
・・・ああ、私、スターウォーズを好まない派なので、やや悪評ですね、すみません。。。
    2010/08/22(日) 19:59:32 | URL | のんゆり #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/251-15416fd2
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
09 « 2017/10 » 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。