半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

かつうらビッグひなまつり
2008/03/05(水)
 3月3日はひな祭り
 今年は雛人形を飾り付けるのをすっかり失念していたので、代わりにどこぞの雛イベントに便乗させてもらうことに決めました。

 どうせなら、スペシャルな雛人形を見たいよね。
 行ってきました、千葉県勝浦市の『かつうらビッグひなまつり』
 どの店先にも、道端にも、お雛様。まちのあちこちに無数の雛人形が飾られています。観光客より大人数かも。
   ss

 とくに遠見岬神社は、大迫力。
 神社石段60段に敷かれた緋毛氈で1,200体のひな人形がお出迎え。
 近くのお店で、雛人形の絵付け体験をさせてもらいました。

 神社の前では、日本三大朝市の一「勝浦朝市」が。
 昨年訪れた岐阜県高山の観光化された朝市とは異なり、雑然とした露店の風景がなつかしい。
 その店先には、やっぱり雛人形。漁師まちなのに、風流です。

 おばあちゃんが育てたミズナや京菜、勝浦名物アジの干物を、料理方法をおしえてもらいながらお買い上げ。
 ひな祭りだから、さくらもち(関東人が言うところの、道明寺)もね。
 車なので、勝浦の大吟醸・腰古井でつくった甘酒は我慢しました。
 

 昼からは、一路、隣の鴨川市へ。
 天然記念物の鯛を見に、鯛の浦遊覧船に乗り込みます。
     faf


 外房=太平洋だから、波はすごく高いです。
 ここは日蓮が出生した夜に、鯛の群れが押し寄せ、ウロコで銀色に光ったという海です。
 昭和天皇も楽しんだという風光明媚な湾を、海の上から眺めます。
 そして、沖でエンジンを停め、撒き餌をすれば、鯛の群れがぴちぴち・・・・・・の予定が、お腹いっぱいになったのか、私のいた右舷にはちっとも寄ってこず、天然記念物を見逃してしまいました。残念。
 
 下船後、目の前の「誕生寺」に寄ります。
 ご存じ、日蓮宗の宗祖・日蓮上人の誕生の地。でっかい寺を建てちゃいました。
 気づけば、往路で見つけた寺の多くが日蓮宗。生誕の地、強し。
 日蓮のエキセントリックな生き方は魅力ですが、我が家は日蓮宗ではないので、ざっくりと見学。


 ふたたび勝浦に戻り、リアス式海岸と松林が美しい「鵜原理想郷」を横目に見て、最終目的地「勝浦海中公園」
  sddas

 水中に建てられた展望台から、本物の海中を覗きます。
 メバル、スズキ、フグ、ウツボ・・・。群れで生活する者、単独行動が習慣の者。
 黒潮で鍛え上げられた本物のお魚は、水族館の何倍もきれいだし、何倍も大きいのです。
 潮の流れに乗ってたゆたう魚の群れを、時間を忘れて見入ってしまいました。
   faf


 そのあとは、日暮れまで磯遊び。
 海岸の岩場でイソギンチャクをつついたり、カニをいじめたり。
 春の海を満喫した旅でした。


 「春の海ひねもすのたりのたりかな」蕪村
 一日中のたりのたりしてたのは、外房の海ではありません。それは、私。


    読んでくださって感謝します!
      ↓↓↓
    ブログランキング 1日1回クリック。



スポンサーサイト
07:04 | 歴史| トラックバック:0 | コメント:0

うちなーぐちNOW!
2008/01/16(水)
 本日は旧暦の12月6日。沖縄の節句・ムーチーです。
 ひらぺったいチマキ=ムーチー(餅)を食べる日ですよ。


 さて、「うちなーぐち」と言っても、意味がわからない人もいっぱいいるだろうな。
 「うちなーぐち=沖縄口」、つまり、沖縄の方言のことです。
 いまでは多くの人が、標準語がまじってわかりやすい「やまとうちなーぐち=大和沖縄口」を話すので、本土の人間が遊びに行っても、聞き取れなくて躊躇することは時々しかありません。
 おばぁ(高齢の御婦人のこと)が話す本物のうちなーぐちは、地元のひとでも聞き取り不能だそうですけどね。
 (※ちなみに、「本土の人間=沖縄以外の日本列島出身の人。」良くも悪くも差別的と思わずにいられない・・・。)


 さて、本籍地が沖縄ながら、うちなーぐちが全くしゃべれない私。それではみっともないので、近頃、うちなーぐちを勉強しています。
 テキストはこちら。

 うちなーぐちNOW!
 公式HP>>> http://www.fmnaha.jp/podcasting_now.php

 沖縄の78タイフーンfmのショートプログラム兼ポッドキャスティングで、『現代の若者が使う「リアルうちなーぐち」を1分間で完全マスター!』との保証付き。
 MCは、三日月マンハッタンやしゃもじ、Originなど、たぶん沖縄ではメジャーな芸人さんたち。コント仕立てで楽しくうちなーぐちを教えてくれます。

「本日のテーマはコレ! 『たっくゎいむっくゎい』
 いちゃいちゃする、じゃれ合う、という意味です。
 使用例は~ (以下、コント) 。」

ってな感じ。
 これを毎日聴いていれば、わたしもそのうちリアルうちなーんちゅになれるかもしれませんね。

 なお、ゴーヤーは「ゴーヤー」であって、「ゴーヤ」は間違いです(10月31日の放送より)。
 そして、呉屋さんは「ゴヤさん」であって、「クレヤさん」ではありません。本土のみなさん、できれば覚えちゃってください。毎度、訂正するのはめんどくさいので。


   「いんとぅまやー」は「犬とネコ」。
   ご協力おねがいします♪
        ↓↓↓
      1日1回クリック。ブログランキング



ごーやん

00:10 | 歴史| トラックバック:1 | コメント:0

新春ねずみづくし
2008/01/13(日)
松の内は過ぎましたが、ギリギリ小正月なので、「新春」でお送りします。


 第64回歴博フォーラム@東京・津田ホール(千駄ヶ谷)
 2008年1月19日(土)13~17時
 公式HP>>http://www.rekihaku.ac.jp/events/forum/index.html


 国立歴史民俗博物館が主催する、内外の研究者による無料シンポジウムです。
 2008年の干支・ねずみにちなんだ研究報告が行われます。
 プログラムを見るに、「ねずみと信仰」「ねずみの近世」「ねずみの図像学」と、ねずみオンリーでお送りします。
 気になる研究報告は、高橋一樹氏の「ねずみのチュウ世」。こういうネーミングのセンス、大好きです。(学界で、こーいうウィットをきかせるには、かなり勇気がいるんです。)


 このフォーラムのポスターには、サントリー美術館所蔵の「鼠草紙絵巻」が用いられています。
 こちらも、昨年暮れまで公開されていた『鳥獣戯画がやってきた!』展(レビューはこちら。→『鳥獣戯画展 その2』)で展示されていました。わたしが2007年でもっとも愛した歴史資料です。
 その愛らしさは、サントリー美術館のミュージアムショップで販売している絵本でどうぞ。



   ご協力お願いします♪
    ↓↓↓
   1日1回クリック。ブログランキング



    鼠草子絵巻

02:37 | 歴史| トラックバック:1 | コメント:0

坂本竜馬没後140年
2007/11/18(日)
 「歴史を学びました」という立場の人間にとって、一番めんどうな存在は、「歴史が好きです」という人です。
 こういったかたの大部分が(失礼を承知で申し上げると)、歴史小説やドラマを根拠にして、感性で歴史を語りたがる傾向があります。しかもそれらを事実だと盲信しています。状況証拠で犯人を決めつけるホームズさんやコナンくんと似てるなあと感じ、苦手なのです。

 歴史は科学です。一般的なイメージと異なるかもしれませんが、「過去のことを事実と断定できるわけねえ。だから検証するんだ。」という左脳の学問が歴史学なのです。
 実際の歴史学の現場は、科学的な証拠を提出して、「最も事実に近いと推測される事柄」をわずかに歴史として認定します。まるで裁判を見ているよう。

 つまり、世の中で語られる歴史に、事実は爪の先ほどしか存在しないのです。
 司馬遼太郎はしょせん小説だし、出典も明らかにせず馬の骨が書きこむウィキペディアなんて信用ゼロだし、そんなウィキのデータを検証もせずに引用する私のブログなんて糞くらえです。
 「歴史ロマンなんて、基本、ぜんぶ虚構。」
 そこを割りきって見れば、歴史ロマンほど創造的かつ情動的でおもしろいものはありません。


 前置きが長くなりました。


 今年は、「歴史が好きです」という方々に絶大の人気をもつ、坂本竜馬の没後140年だそうです。
 Yahoo!Japnが「幕末の英雄、坂本竜馬を追う!」という特集(11/14~12/11)をしています。
 ぜひ「ガッデム司馬遼太郎、ファッキン『お~い!竜馬』」とつぶやいてから、冷静にクリックしてみてください。(・・・あたし、司馬ファンに刺されないかしら・・・)

「幕末の英雄、坂本竜馬を追う!」>>> http://weekly.yahoo.co.jp/37/  

 このコンテンツは非常にたのしい。
 坂本竜馬の生涯をシンプルに解説してあり、勝海舟や西郷隆盛ら竜馬と交流を結んだひとびとの紹介、彼を主人公にした本やマンガの紹介もあります。歴史ロマンもりだくさん。
 「幕末ファン必見!幕末維新を歩くマップ」というブログパーツも楽しいです。私も竜馬の足跡をずいぶんとたずねたので、記事登録してみようかな。
 わたしもかなりの右脳歴史派ですじゃ★(司馬もホームズもコナンも好き。)


   こっちもクリック! ご協力おねがいします♪
     ↓↓↓
   1日1回クリック。ブログランキング




09:33 | 歴史| トラックバック:0 | コメント:1

鹿児島歴史たび 12 「鹿児島グルメ」
2007/10/17(水)
 来た! 見た! 食った!!
 鹿児島たびラストは、やっぱグルメ。
 鹿児島限定の郷土料理チェーン店『そば茶屋吹上庵』で、思い残すことなく食い尽くすのだ~!
そば茶屋


「豆腐そば」
 そばに豆腐いれないでしょ、ふつー。淡白すぎない?
 しかーし、ここに名物・柚子ワサビを混ぜると、あら不思議、新感覚のさわやかな味に!
 じゃがいも飯とセットでめしあがれ♪
豆腐そばといもご飯


「地鶏そば」
 地鶏はお刺身でもいただけます。
 お刺身もコリコリしておいしかったけど、煮ても、しっかりした歯ごたえ。
地鶏そば


「豚みそ 黒豚冷しゃぶ」

 黒ぶたは甘い!! 自然な甘みがあって、何をつけなくてもいけます。
 その豚を刻み、味噌にあえ、はんなりとあまーくしたドレッシングをかけて・・・絶品!
 上品というより素朴な甘さ。それが、九州の味です。

「きびなご」
 子どものころから食べていたので気づかなかったけど、きびなごは九州名産みたいですね。
 鹿児島の特産品です。産直だから、鮮度抜群。みごとに透き通っています。
きびなごと豚みそ


「げたんは」 
 こちらのお店でいただいたのではありません。近くのファミマでおみやげに買ったのです。
 砂糖を食するのを禁止されていた庶民が、「おやつに見えないおやつ」をこっそり作りました。それが、げたんは。
 禁止されていたとはいえ、これほどふんだんに砂糖を混ぜられるのは、全国でもここだけだったでしょうね。さすが、琉球貿易の薩摩。
げたんは


       ご協力おねがいします♪
         ↓↓↓
       1日1回クリック。ブログランキング


07:03 | 歴史| トラックバック:0 | コメント:0
次のページ >>
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
05 « 2017/06 » 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。