半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

ザ・コレクション・ヴィンタートゥール
2010/09/09(木)
@世田谷美術館

 スイスの文化都市ヴィンタートゥールの美術館所蔵品の一挙公開。
 まずは、人口10万人規模の一都市の美術館で、これほどの水準が高い作品群を所有できることが驚き。購入も保存も馬鹿にならない金額のはずなのに。不況下の日本では考えられない事態ですね。

 全作品日本初公開ということよりも、多岐にわたる画家の作品が集まっていることが素晴らしい。
 そして、その作品群を通してみたとき、スイス人の美意識がわかる点が最も面白いと思うのです。

 たとえば、モネの『乗り上げた船、フェカンの干潮』を見たときに、「何故わざわざこの作品を購入したのか?」と感じました。光の画家・モネの代表作を選ぼうとすれば、線がはっきりした画面の暗い作品を敢えて選ぶことはなさそうです。
 そういった「?」を抱えながら館内をまわり、郷土の画家の作品ルームに入ったときに、ぽんと膝を打ちました。
 スイス人は輪郭がはっきりしてて、中間色が強い作品が好きみたいです。
 そうして見ると、所蔵作品の多くが、故意か否かは不明ですが、同じ傾向を持っていることがわかります。古典より、ナビ派やキュビズムの層が厚いのも納得です。

 そこまで考えながら観覧していると、スイス人であるヴァロットンの、平面的なのに奥深い、メッセージ性が高い絵が生み出された背景が理解できてうれしくなります。
 しかし、今回展示された作品で言えば、ヴァロットンらしい作品よりむしろ、大自然の一瞬を切り取った『日没、オレンジ色の空』の美しさに感激します。
 誰もが愛する、太陽が沈む瞬間にだけ望めるあのオレンジの光。眩しさに目を細めると、山の端には赤色が混じっており、そう、この一瞬には、可視できる光の色があるのだと思いださせてくれます。
 たとえ高性能なカメラが生み出された現代でも、この自然の美しさを切り取ることはできないのではないでしょうか。
日没、オレンジ色の空

 そして、大好きなナビ派。収蔵数の多さに感動しました。
 何より、ピエール・ボナール作品はどれも秀作です。
 特に、『散歩』は、自然と微笑みが浮かぶ、いい意味での「ゆるさ」を感じます。
 画面を大きく占めるのは、二人連れの中流階級のおすまし貴婦人。その二人の散歩を描いているのかと思いきや、本当の主役は右端の女の子なのです。
 胸を張って歩く少女。「猫と遊んで楽しかった。」というような満足げな足取りです。ウィンドーショッピングなんて俗な愉しみを知らなくても、足元の小さな幸せを拾っていければいいじゃない。猫とか子どもとか、精一杯生きる小さな生き物への、ボナールのやさしい目線が生きている作品です。

 この企画展で大きく取り上げられるゴッホ、アンリ・ルソーですが、コクリツのオルセー展の後だと分が悪いですねー。
 ゴッホ『郵便配達人 ジョゼフ・ルーラン』は「ゴッホの黄色」が印象的な作品である一方で、習作らしさが物足りない。
 アンリ・ルソー『赤ん坊のお祝い!』は題名の面白さが良いですね。赤ん坊なのに赤ん坊じゃない恐さ。キッチュな絵柄がルソーらしくていいです。
 せっかくセビにルソーを観に来たのでしたら、所蔵品展の『フリュマンス・ビッシュの肖像』も観ていきましょう!


  セビは1年ぶりでした。駅から遠い…
    ↓↓↓
  1日1回クリック。ブログランキング。



続きを読む »
スポンサーサイト
00:00 | 博物館・美術館| トラックバック:0 | コメント:0

オルセー美術館展2010「ポスト印象派」
2010/07/25(日)
 @国立新美術館。

 印象派~ポスト印象派は日本でもよく展示会がありますが、今回はひとことで言うと、「1,500円は激安!」でした。この1点で展覧会が開けるという秀作、有名作品が目白押しです。入場30分待ちもやむをえません。(そして、入場制限を知っていながら、土曜の昼下がりに行ってしまった私が阿呆です。)

 ただ、私は常々、博物館・美術館には「車いす&子ども専用ゾーン」を最前列に設置すべきだと考えていますが、今回は特にその思いを強くしました。
 評判の展覧会ですから、お子様連れや車いすのお客様も多数いらっしゃいます。しかし、一番混雑しやすい第1室はもちろん、教科書に載るほど有名な作品の前には人が押し寄せ、彼らの入り込む余地がないのです。後方で残念そうに、疲れた顔でたたずんでいる姿をよく見かけます。
 芸術と文化は、すべての人に公平にチャンスが与えられなくてはなりません。
 こういうミュージアム弱者のためにも、適切な距離で展示品に接する工夫を施されたいものです。


<好きな作品>
第1章 最後の印象派
●ドガ「階段を上がる踊り子」:もう1枚目からドガですもん。贅沢ですね。ゆるくシャッターを切った写真のように、手前の3人の踊り子が、1人の動きの軌跡を描いています。
●モネ「日傘の女性」:絵をこよなく愛する母が、私に贈ってくれた絵葉書に描かれていた女性。その日から、この絵に描かれているのは、私の母親です。

第2章 スーラと新印象主義
●スーラ「ポール=アン=ベッサンの外港、満潮」:スーラの技法を習得した画家は多くても、スーラには、彼に見えるものを描くには点描しかなかったんだと思わせてくれる絵です。額も点描なの。
●ジョルジュ・レメン「ハイストの浜辺」:この絵、この展覧会のなかで浮いています。印象派なのかもしれないけど、すごくビビットで前衛的。この時代に、こんな絵を描いていた人がいたのが驚きです。

第3章 セザンヌ主義
ああああ、私にはセザンヌが理解できません。構成美を極めたところが偉いの?
セザンヌが生涯をかけて描きつづった「サント=ヴィクトワール山」の1枚を見られたのはうれしかったです。

第4章 ロートレック
迫力ありますよねー。厚紙に大胆にふるわれた筆致。未完成なのに、完成品。
「赤毛の女(化粧)」のエロティックさにはドキドキ。娼婦に対する男性客の支配欲を描いた作品。PG-12ですよもぉ。

第5章 ゴッホとゴーギャン
 共同生活を営んだ二人の天才の作品を向かい合わせに展示する手法に、まずは感服。やりますね、新美!
 ゴーギャンの「タヒチの女たち」「≪黄色いキリスト≫のある自画像」など著名作品も見られて感激ですが、ここはやはりゴッホかな。
 数年前に国立西洋美術館に来た「アルルのゴッホの寝室」すら抑え込み、今展覧会№1の人気を誇る「星降る夜」。これまた有名な「自画像」。ゴッホはがぶり寄りで、肉厚の筆致を見るのが楽しいよね。ゴッホの黄色はどうしてあんなに輝くのでしょうね?

第6章 ボン=タヴェン派
エミール・ベルナール「日傘を持つブルターニュの女たち」:怖いよー。この絵、本当に怖いです。女たちの嫉妬と妄執が飛び交ってます。主役の少女は、いったい何をしてこんなに恨まれるようになったのでしょう。

第7章 ナビ派
 ナビ派をこれだけ特集した展覧会も滅多にないのではないでしょうか? お買い得!
●ドニ「カルヴァリオの丘への道」:悔しいけど、ドニは本当に天才なのだと思います。こんなに技術も発想も独特で、しかも飄々としている小憎たらしさがあります。宗教の題材だって、美しいのに皮肉めいています。
●ピエール・ボナール「白い猫」:この絵、理屈抜きで大好き!!! だって、うちの猫にそっくりなんですもの。どうしてこんなに伸びちゃったの。つい、絵葉書を買ってしまいました。猫好き画家さんですね。
●ヴァロットン「ボール」:また会うことができました。不思議な絵です。幻想的で、純粋で、でも大人の悪意と子どもの無邪気さが共存していて、底冷えを感じる絵です。

第8章 内面へのまなざし
●モロー「オルフェウス」:この絵に関しては、語りつくすということはないでしょう。完全なる人工の美というものがあるなら、モローの作品がまさしくそうです。「輝く未来を選ぶこともできる。しかし、過去を選択するのも幸福である。」というメッセージを私は感じましたが、いかに。
●ヴァロットン「夕食、ランプの光」:ヴァロットンの描く子どもは、どうしてこんなにあどけなく、大人の奥底を貫くのでしょう。子どもはいつだって真実を知っています。

第9章 アンリ・ルソー
 終盤になってルソーってひどいですよ。やっと終わり!とゴールが見えたときに、精気を吸われてしまいました。
「戦争」。ゲルニカも本物はすごい迫力だと聞きますが、ルソーの戦争も怖い。怒りと哀しみ。笑っているかのように見える戦の精霊は、浮世絵の疫神のように、人々を身も心も浸食していきます。


  損はしません。初心者にも向いてます。いってみてね。
   ↓↓↓
  1日1回クリック。ブログランキング。



ボナール「白い猫」


04:00 | 博物館・美術館| トラックバック:0 | コメント:0

手塚治虫展~未来へのメッセージ
2009/06/19(金)
 マンガ好きが観に行く展覧会かと思うでしょう?
 ここで見られるのは、昭和から現代につながる日本史です。そして、いつの間にか失われた地球の美しさ、人間の尊厳を取り戻したいと願う、未来に向けた地球史でもあります。
 
 手塚治虫の作品はたくさん読んでいるつもりでしたが、この展覧会に行くと、全然読んでいないんだなあと実感させられます。(会場内でも同様の溜息が聞こえました。)
 特に、現在「全書」などで手に入りやすい作品は、虫プロダクションが倒産してからの作品なのですね。手塚治虫の円熟期にもあたり、人生の後半戦です。

 昭和史を覗くとすれば、前半戦のほうが興味深いです。小学生の頃からの天才ぶり、戦争中に描いていたマンガ、学生演劇をかじって生まれたスターシステム、トキワ荘、『ジャングル大帝』を始めとした日本アニメが開拓されていく様…。
 数々の伝記や自序マンガで有名なエピソードばかり。その作品のナマ原稿を間近で見られるのは、まさに感激です。
 それ以上に、これほどの膨大な資料がいまだに残っているとは…。ご本人が、こんなに大事に保管していたのでしょうか。異常に几帳面な性格が作品の端々からも窺えます。
 
 後半戦は、大きくは「医療マンガ」「火の鳥」「手塚治虫に影響を受けた人々」のブースに分かれます。展覧会のレベルを超えた嗜好をこらしてあって、どれも見ごたえがあり、離れがたくなります。
 「手塚治虫は臨床医ではないから、手術シーンなんてデタラメだ。」と揶揄する人もいます。が、そんな人こそ、医療マンガブースを観に来てほしい。技術的な描写が目につく手塚漫画だけれど、そこを揶揄して本質を理解しないのは、枝を見て根を見ないのと同じことだと気づくに違いありません。
 また、火の鳥ブースは、音と光と映像に身をゆだねてみましょう。私は『火の鳥』は難解で苦手だったのですが(おそらく、絵もセリフもひとつひとつに無駄がなさすぎるのです。)、ここでやっと、火の鳥の伝えたい言葉、地球へのメッセージが少し理解できた気がしました。


   ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。



18:45 | 博物館・美術館| トラックバック:0 | コメント:0

お菓子の美術館
2008/06/10(火)
 この日曜日に、大きなイベントで司会をやらせていただきました。
 一流ホテル。各界著名人。・・・を前にしての、ヘボ司会
 汗顔の至りであります。
 
 名前のみのご紹介でしたのに、当ブログに到達してくださったみなさまが、たーくさん!!!
 ありがとうございます。
 せっかく実ったご縁ですもの、今後とも続きますように。


 さて、冒頭の司会業を含め、近頃、なんやかやと取り紛れております。
 まったく映画も本も鑑賞しておりません。
 「ひとことレビュー」すら書けないテイタラク。
 年間100本鑑賞、今年は達成できるのか!?
 

 わが不甲斐なさにうなだれつつ、ご紹介しますのは、「桔梗屋 お菓子の美術館」です。
 
 公式HP>>>http://www.kikyouya.co.jp/museum/info.htm

 「山梨のお土産といったら?」
 「桔梗信玄餅!!」
 そう、「お菓子の美術館」は数あれど、ここは信玄餅の老舗菓子屋・桔梗屋さんの創立した美術館です。

 
 hanaranran

 岩手菓子博1998、工芸大賞受賞。「花爛々」
 この美しさ。すべてがお菓子製!
 老舗で伝わる銅の鍋でつくった餅生地に、上新粉などを混ぜて、色をつけて、型を抜いて・・・。
 江戸の菓子老舗から暖簾分けされ、甲州に根付いた職人芸の粋を感じます。
 素朴な疑問。・・・食べられるのかなぁ?
 

 biyouyanagi

 こちらは「美世柳(びよやなぎ)」
 妹と同じ名前を持つビヨウヤナギは好きな花です。
 本来は「未央柳」と書くんだよね。漢代の宮殿・未央宮から名づけているに違いない・・・とは独断だけど。
 中国・西安を旅したとき、バスと輪タクを乗り継いで、地元の人たちしか知らない未央宮遺跡に、ようよう訪ねた記憶があります。
 そこで出会った地元の少年に、未央宮と彼の先祖の功績の素晴らしさを伝えたくて、でもそこまで言葉が達者でなく、ただ黙ってふたりで遺跡の丘に腰掛けていた夕暮れ。
 ビヨウヤナギを見ると、少年の振り回していた木の枝を思い出します。
 
 
 話が脱線して、申し訳ない。
 無理はない、実はわたくし、桔梗信玄餅がだいっきらいなのだーーー!!!

 九州では朝鮮餅っていうんですが、・・・求肥っていうの? あのオモチね、あれが、ダメなのです。
 食感がね、いつまでも噛み切れなくて、「はっきりしろよ、テメー?」という気分になります。

 この美術館、実は桔梗屋の工場に併設されております。
 さらに、敷地内には、桔梗屋の規格外製品を半額で直売するアウトレット店もあるのです。
 ここが大層人気で、桔梗信玄餅が飛ぶように売れるは、売れるは。
 
 みんな、信玄餅、好きなんだね。

 でもみなさん、甲州に行ったら、私には「黒玉」をお願いします。


   ひさしぶりに書くと、妙に落ち着きませんな。
   読んでくださってありがとうございます!
     ↓↓↓
   1日1回クリック。ブログランキング。


02:12 | 博物館・美術館| トラックバック:0 | コメント:0

鳥獣戯画展 その2
2007/11/14(水)
『鳥獣戯画がやってきた』@サントリー美術館(東京)
公式HP> http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/07vol04chouju/index.html


 「鳥獣戯画」を想像してください。
 おそらく、多くの人はウサギやカエルが遊んでいる姿を頭に描いたのではないでしょうか。それは、鳥獣戯画絵巻の第1巻、甲巻の絵です。
 鳥獣戯画が、甲巻・乙巻・丙巻・丁巻の四巻から成り立つセットものだと知っていましたか?
 「鳥獣戯画は伝・鳥羽僧正作」と教え込まれた私にとって、鳥獣戯画各巻が異なる時代の、異なる作者による異なるモチーフの絵巻物4巻シリーズとは驚きでした。誰が何のために描いたのか、それは謎につつまれています。
 なお、正式名称は、「鳥獣人物戯画絵巻」です。


 前回は「鳥獣戯画展」の概略をしるしましたので、今回は「鳥獣戯画展」が投げかける謎と、私なりの見解を記します。
 まず、各巻を整理してみましょう。

甲巻。平安時代12世紀。15種類の動物が擬人化されて遊び、法会を楽しむさまを描く。
甲巻うさぎとかえる

 画題は、動物説話を絵画化したとか、動物が年中行事をする様子とか諸説あります。作者においては鳥羽僧正と伝えられてきましたが、生没年と一致せず、密教の絵仏師や宮廷絵師が有力説となっています。そもそも甲巻は前半部分と後半部分は画風が異なり、別の人物が描いたと考えられています。
 甲巻は、その筆致は豪放磊落。一見、手なぐさみに描いたかのような大胆な筆遣いでありながら、その実、動物の筋肉の動きがリアルに伝わる抜群のデッサンであり、深い素養がうかがわれます。
 密教絵画の影響を受けた白描画ですが、大作をつらぬく調和のとれた構図や、立体と平面を両立させて描かれた動物たちは、大和絵の様式です。


乙巻。平安時代12世紀。動物画だが、甲巻と異なり、あくまで動物として描かれている。
乙巻

 絵画として完結した甲巻に比較すると、同じ系譜と見られる作家が描いた乙巻は、1枚の絵画というよりむしろ図鑑と称するにふさわしいと感じます。
 描かれた動物たちは甲巻のようにストーリー性を持たず、その描写は羽の1枚まで緻密です。甲巻のイメージを模倣しつつ、密教絵画の白描画の手本として描かれたのではないかと思えます。


丙巻。平安~鎌倉時代。12~3世紀。人物画であり、碁・将棋・双六や紐引き遊びなど当時民間で流行した遊びを記録している。
丙巻

 さらに丙巻にいたると、図鑑様はいっそう色濃くなります。半紙1枚につき1図を描きそれをつなぎ合わせていることからも、作家が図鑑様を意識していたことがわかります。甲・乙とは系譜の異なる作家の手による当世風俗図という趣です。
 碁・双六・将棋という当時の代表的な遊戯に始まり、その遊戯の担い手も僧侶・庶民が適切に描き分けられています。


丁巻。鎌倉時代。13世紀。人物画。丙巻と同じく風俗を描くが、筆致が非常に漫画風。
丁巻

 そして丁巻では、丙巻の風俗図よりさらにくだけた庶民の遊びが収録されます。まるで「丙巻は上品ぶっている」と言わんばかり。
 その絵柄もまるっきりマンガで、作家に絵画の素養があるかどうか断定できないほどです。日本が世界に誇るマンガ文化はここから生まれたのではと思えてきます。


 4巻の変遷を見ると、甲巻はシリーズものの意図を持たないオリジナル。わずかに時遅れて描かれた乙巻は、甲巻と対極をめざした写実性を極めた作品。丙巻以降は、「図鑑様」「おもしろ画」の甲巻の系譜を意図して作製されたのではないかと考えられます。
 もっとも、現存するのが4巻のみであり、実際には多くの絵巻が存在したでしょう。
 室町時代には多くの模写本が存在していますから、鎌倉時代にはすでに甲巻の絵画的知名度は高かったと推測されます。
 甲巻を意識した作品群が、一個の絵画的総本山として「鳥獣戯画の高山寺」に納められ、それが「鳥獣戯画」シリーズとして伝来されたと考えられるのも難くないのです。


 さて、今回の展示の目玉は、謎が多い甲巻の本来の順序の復元です。
 模写本の長尾本、住吉本と対照するに、甲巻は製作当初とは順番が異なり、現存するかたちは物語の主題としては不自然な形で再編されているとわかっています。
 その本来の姿はどうであったか。
 長尾本が本来の鳥獣戯画に最も近いと推測されると、展覧会では結論づけます。
 しかし、長尾本にも不足する部分があります。そこが欠落する前段階の「鳥獣戯画」が存在するかもしれません。はたまた、欠落しているかのように見える部分は後代の加筆かもしれない。現に、鳥獣戯画は自由な画題であるため、近代の模写では後代の作家の創造が多く認められるのです。
 このように、聴衆にいろいろな想像の余地をもたせ、美術展示会の枠を越えた考証は幕を閉じるのです。


  ご協力お願いします♪
    ↓↓↓
  1日1回クリック。ブログランキング
 


チラシ


06:58 | 博物館・美術館| トラックバック:2 | コメント:0
次のページ >>
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
10 « 2017/11 » 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。