半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2008 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

ひとことレビュー 080429
2008/04/29(火)
【映画】
『パニックルーム』
『フライトライン』と似てるよね…。
うん、同じくらい、とてもおもしろかった。

『憑神』
浅田次郎作品らしい主張だけど、泣かせるにはもう一歩かな。
西田敏行が圧巻。

『クリック』
前評判ほどではなかったけど、楽しめた。
青年誌並のエッチさ加減が、逆に新鮮。


【本】
海堂尊『チーム・バチスタの栄光』(下)
小説を読むのにもタイミングってあるやね。
直前に『インザプール』伊良部先生を味わったので、「火喰い鳥」白鳥氏が満喫できなかった。

伊坂幸太郎『重力ピエロ』
やっぱり、人気のほどには伊坂作品は好きじゃないんだよなぁ。
好みの問題なのかなぁ。


   ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。



スポンサーサイト
11:05 | ひとこと| トラックバック:0 | コメント:0

ひとことレビュー080425
2008/04/25(金)
【映画】
『ステルス』
人工知能戦闘機「エディ」の自爆に、誰も敬意を表さないところが、アメリカ。

『ネクスト』
試写会ひさしぶり。
女優陣がいい働き。ニコラス・ケイジらしい展開。嫌いじゃない。


海堂尊『チーム・バチスタの栄光』(上)
おもしろくないわけじゃないけど、…「このミス」大賞?
伝わってこないな、まだ。

令丈ヒロ子『若おかみは小学生』
青い鳥文庫だけど、バカにできないおもしろさ!


  
18:35 | ひとこと| トラックバック:0 | コメント:0

ひとことレビュー080419
2008/04/19(土)
会社が忙しく疲労困憊。レビューが全く書けません…。(泣き言)
ブログ存続の危機?

【映画】
『フライトライン』
公開当時から観たかった作品。
期待に沿う素晴らしい作品。

『Mr.&Mrs.スミス』
何度観てもおもしろい&セクシー。

『スピード2』
1回観りゃ充分でしたわ。
まぁそれなりに手に汗握りますけど、2回目でも。

【本】
奥田英朗『イン・ザ・プール』『空中ブランコ』
伊良部先生&肉感看護婦マユミちゃんにハマりました。
さすが直木賞。

宮部みゆき『ぼんくら』
あぁ、もう、さすがに外さないおもしろさ!
導入から中盤の予想を超える展開、吸引力といったら。

  <strong> ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   <a href="http://blog.with2.net/link.php?431723"target="_blank" title="ブログランキング 1日1回クリック。">ブログランキング 1日1回クリック。</a></strong>


13:40 | ひとこと| トラックバック:0 | コメント:0

しゃべれどもしゃべれども
2008/04/13(日)
 公式HP>>>http://www.shaberedomo.com/
 
 2007年日本。原作:佐藤多佳子、出演:国分太一、香里奈、八千草薫
 なかなか芽が出ない二つ目の若手落語家・今昔亭三つ葉。
 話すことが苦手な生徒たちに素人落語教室をひらくうち、「話す」ことの意味に気づく。



 この映画は、意外にヤマがないのです。
 かと言って、昔の日本映画みたいに圧縮した静けさのような雰囲気があるわけでもなく。
 ポップなのに、とらえどころのない映画です。(おもしろくないという意味ではありません。) 

 だから、あらすじを書くのが今までで一番難しかった。
 テーマは明快。ただ、そのテーマに着地するのに、どのエピソードでブレーキを引いたかわからないといった感じ。
 つまり、観てる人間にエンジン音を気付かせないくらい、製作者の腕がいい・・・のかもしれません。
 でも、原作がうまいのか、監督がうまいのかは、つかみどころがやはり私には見えません。。。


 ただ、役者はどうなんでしょうね?
 予告編では、国分太一も香里奈も「合っている」と印象があったのですが、観ているうちに座り心地が悪くなってきました。
 「噺す」「話す」というテーマにおいては、ふたりの演技の質が異なるのかもしれません。
 しゃべりが上手な役者さんではないという意味ですね。

 「しゃべる」ことに観客も敏感になる作品だからこそ、演技上の会話がもっとおもしろくあってほしいし、できれば落語のシーンも底上げしてほしい。
 レベルの高いものを要求される映画だったということでしょうね。
 その点、八千草薫が口ずさむ『まんじゅうこわい』や、伊藤四朗の江戸弁が美しく響いてきました。


 そんなベテラン陣の口上や、日常に着こなす紬の着物。
 古典や新作落語の呼吸(新作落語といっても、「お笑い」とは違うのね~。)。
 ちょっとした部分の和風モードがとても印象的で、「日本っていいなあ。」と改めて実感させてくれる作品です。 

 
    読んでいただいて感謝です♪
     ↓↓↓
    1日1回クリック。ブログランキング



しゃべれども
しゃべれども しゃべれども@映画生活

 あらすじを知りたい方は・・・→→→→ (※ネタバレ注意!ラストシーンあり。) 


続きを読む »
19:16 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0

1~3月の鑑賞録
2008/04/09(水)
2月までは芝居の公演のためなかなか鑑賞も進みませんでしたが、2月後半から挽回。
なかなかレビューのアップもままなりませんが、インプットは着実に進んでいます。
目標の「映画鑑賞、年間100本」へ、いいペースです。


☆☆☆・・・どーなの、それ。
★☆☆・・・それなり。
★★☆・・・個人的にはおもしろい。
★★★・・・オススメ! とにかく観ろ!


●映画・DVD
地下鉄(メトロ)に乗って ★★☆
僕は妹に恋をする ☆☆☆
シザーハンズ(4回目) ★★★
選挙~テレビ版 ★★☆
セブン(2回目) ★★★
グーニーズ    ★★☆
ゴーストライダー  ☆☆☆
耳をすませば  ★☆☆
ドラマ『クロサギ』 ~⑩ ★☆☆ 
パニッシャー  ★☆☆
ブロークン・フラワーズ  ★★☆
それでもボクはやってない(2回目) ★★★
蟲師  ★☆☆
太陽  ★★★
リリイ・シュシュのすべて ★★☆
魔法にかけられて ★★★ 
ガチ☆ボーイ  ★★★
しゃべれども しゃべれども ★☆☆ 
UDON  ☆☆☆
アルゼンチンババア  ★★☆
龍が如く(劇場版)  ☆☆☆
ブラックダリア  ★☆☆
狩人と犬、最後の旅  ★☆☆
イレイザー  ★★☆
狂気の桜  ☆☆☆
犬と私の10の約束 ☆☆☆
トゥモローワールド ★★★
ザ・センチネル~陰謀の星条旗 ★☆☆ 
HAVEN~堕ちた楽園 ★★☆ 
タイタニック ★★★
タイムマシン ★★☆
バベル ★★★
トイ・ストーリー ★☆☆ 
フライ、ダディ、フライ ★☆☆

  

●本
島田洋七 『佐賀のがばいばあちゃん』 ★★☆ 
黒丸 『クロサギ』①~③ ★★★
池波正太郎 『剣客商売⑫ 十番斬り』 ★★☆
司馬遼太郎 『翔ぶが如く』① ★★☆
岩井俊二 『リリイ・シュシュのすべて』 ★★☆
金城一紀 『フライ、ダディ、フライ』 ★★★
ムラマツエリコ、なかがわみどり『むかしのあたし。』  ☆☆☆
さくらももこ 『ももこの話』 ☆☆☆


●ミュージアム
無し。
見れなかったわ。。。


●芝居とか
劇団遊機化学『LOVE30』 ★★☆
新宿春の楽しいジャズ祭り2008  ★★☆


ベスト作品は、映画『トゥモローワールド』を。
早くレビューを書きたいな。
   最後まで読んでくださって感謝!
         ↓↓↓↓
   1日1回クリック。ブログランキング。


トゥモローワールド

15:56 | ひとこと| トラックバック:0 | コメント:0

アルゼンチンババア
2008/04/08(火)
 2007年日本。原作:よしもとばなな、出演:堀北真希、役所広司、鈴木京香
 危篤の母を看取らず、アルゼンチンババアと奇妙な同棲生活を送るようになった父。
 父を説得するみつこは、逆に、天真爛漫なアルゼンチンババアのペースに乗せられてしまう。


 魅力的な話です。
 キャラクターも、よしもとばななのなつかしくて、切なくて、ときに現実的に残酷なテイストの話も。
 そして、黄色みがかった草原と、青い海原の対比。
 牧歌的な風景に流れるアルゼンチンタンゴの調べが、とてもいい雰囲気。


 鈴木京香が演じるアルゼンチンババア=ユリさんの、愛情豊かで重厚な女性像は、とくに素晴らしいです。
 ユリさんの人間性を築いたであろう数々の歴史をあえて伏せているところが、ますます彼女を神秘的に彩ります。
 無駄な説明は徹底的に省いて、大事な部分を浮き彫りにした、大人の作品です。

 ただ、メイクが不満。
 度々登場する「こんな年で」との台詞からはかなりの高齢設定でしょうが、年齢不詳メイクが逆に説得力不足。
 「高齢だけど、色香を感じさせる女性」を意識過ぎた中途半端なメイクで、おばあちゃんには見えません。
 鈴木京香の演技がじゅうぶん色っぽいので、いっそドロドロのババアメイクの方が、ギャップがおもしろかったのではないかなと思わせます。
 監督が、メイクさんと役者のバランスをとってあげればよかったのにね。


 堀北真希は表情が固い役者さんなので、ラブコメを見ているとイライラするのですが、不幸を背負ったみつこちゃん役はハマり役
 陰性のこまやかな感情の流れを、とても上手に演じていました。
 内にこもった性格のみつこちゃんが、母の死を語るシーンにはもらい泣き。

 一方で、父親役の役所広司は、「妻の死から逃げる夫」には見えません。
 押し出しがきくオーラを持っている分、軟弱なキャラの説得力に欠けるというか。
 ただ、この映画の中では一番難しい役
 多くを語らないセリフの中にも、現実世界から解き放たれていき、ふたたび父親として目覚めていく彼の心境を、骨太に表現しています。

 キャラクターの向き不向きって演技のうまさとはまた違う問題だな、と学ばせてくれる、堀北真希と役所広司のキャスティングでした。


   ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。


アルゼンチンババア
アルゼンチンババア@映画生活

ストーリーを読みたい方は・・・・→→→(ネタバレ注意)


続きを読む »
15:44 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:1

ひとことレビュー080405
2008/04/05(土)
【映画】
『犬と私の10の約束』
ひどい作品でした。金返せと思いました。

『トゥモローワールド』
おもしろい!
人間の存在意義を考えさせられる、超良質のエンターテイメント。

『ザ・センチネル~陰謀の星条旗』
下半身が緩い男は、友も職も国も失いますよ。という話。
そんなだらしない主人公、マイケル・ダグラスがハマり役。

『HAVEN~堕ちた楽園』
昔の劇団オグオブが好んだ構成。
オーランド・ブルームをブサイクと思えと言われても。

『タイタニック』
いい映画は何度観てもいい映画。
何度観ても、感想が変わらない映画というのも、むしろ珍しい。

『タイムマシン』
あぁ、SFっておもしろい。
と、懲りに凝った超大作でなくても味わうことができる作品。

『バベル』
ヤバい。たしかにこりゃおもろいわ。

   ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。



11:39 | ひとこと| トラックバック:0 | コメント:0
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
03 « 2008/04 » 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。