半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2008 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

レイクサイド・マーダーケース
2008/10/31(金)
 お受験塾での家族合宿中。合宿所で愛人が死に、妻が犯行を認める。
 受験成功のため、全世帯が協力して死体を隠すことになって…。

 東野圭吾の小説って、映像化するとどうして物足りないんだろうね?
 現実的な光景を読者に想像させる文章の妙があるからあれだけおもしろいのであって、いざ忠実に映像化すると、変哲なく見えてしまうのかもしれない。
 メディアの特性を活かした作品創りをモットーにしている立場からすると、大胆に脚色しても『流星の絆』のほうが面白いと思うのだ。
。)

 で、この作品も「あ、そう。」という感想になる。
 役所広司や薬師丸ひろ子、柄本明の演技には、ドキドキ感を味わうこともできるけど。
 中盤までは、不思議な人間関係を描くのに成功していて、否が応にも興味をかきたてられる。
 ただ一か所、キーになるシーンをわかりやすく演出してるので、そこからラストまでは退屈な印象に転じる。
 創り手として、どこまで観客に親切に描くべきか、考えさせられる作品だった。


   ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。



スポンサーサイト
14:38 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0

パコと魔法の絵本
2008/10/30(木)
 公式HP >> http://www.paco-magic.com/index.html
 頑固一徹の嫌われ者・大貫が病院で出会った少女・パコは、1日しか記憶がもたない病気だった。彼女を勇気付けるため、大貫は病院のみんなに呼びかけ、魔法の絵本を芝居にしようと決心する。
 監督:中島哲也、主演:役所広司


 多分、期待しすぎたのだと思います。
 中島哲也だし、役所広司始め豪華メンバーだし。
 でも蓋を開けてみたら、いくら中島作品と言ってもギラギラ彩色が目に痛いし、アヤカ・ウィルソンちゃんは棒読みだし、CGが小うるさいし。
 期待しなければ、それなりに面白かったのかもしれないし、芝居として見れば学ぶところもあったんですが、総体的に満足度は低いかなあと。
 原作の芝居で見てみたい作品ですね。


 CGとの融合って、どうなんでしょうね。
 『魔法にかけられて』もアニメCGとの融合だったし、あれはすごく楽しめたのですが。
 画質の問題かもしれないし、映画の総尺に占める割合かもしれませんが、今作に関してはいただけない印象がありました。
 肝心な部分をCGにしてしまうのも演出効果と言うのでしょうが、それだと、監督が偉いのか、CG製作者の腕がいいのか、煙に巻かれてしまいます。少なくとも、役者の技量がそこには皆無になってくるわけで。

 せっかく美術が極めてアニメチックだったのだから、その範囲でできる精一杯の演出でいいじゃない、と思うのです。
 役者の演技はその精一杯ギリギリの範囲で輝くものだと思っているので、その部分を隠されてしまうと演技の良し悪しって判断ができないのです。
 せっかく個性的で芸達者な役者を揃えたのに、結局、役者の色だけ見せて、役者の技量の極めの部分を隠されてしまった感があり、消化不良の気分になってしまいました。


 特殊効果や芝居的な演出も『嫌われ松子の一生』くらいにとどめておけば、名作になれたかもしれないのに。
 凝りすぎて変な味になっちゃったビーフシチューを食べた気分です。


 ご協力ありがとうございます♪
   ↓↓↓
 1日1回クリック。ブログランキング

pako
パコと魔法の絵本@映画生活

00:02 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0

『ポセイドン』『ドーン・オブ・ザ・デッド』
2008/10/24(金)
『ポセイドン』
2006年アメリカ。ウォルフガング・ペーターゼン監督。
最近、パニック映画が一番観やすい…と思うのは、心身の疲れじゃないかな?
豪華客船ものといえば、『タイタニック』が思い浮かぶけど、こちらの主題は自然災害。
本物の客船をつくり、巨大なプールに波を立たせて撮影した作品です(わたしの記憶違いならごめんなさい)。
天地がひっくり返って豪華客船からの脱出のハラハラドキドキを楽しむための作品ですが、
個人的には、元消防士の市長役のカート・ラッセルがツボで、
「フラッシュ火事だ!気をつけろ!」
と彼が叫ぶたびに、『バックドラフト』を思い出して笑ってしまう。


『ドーン・オブ・ザ・デッド』
ゾンビに感染した街で、未感染の人たちがショッピング・モールに立てこもる。脱出できるのか?
ホラーにはもう身体がついていきません…最後まで見ちゃったけど。
ゾンビものなんだけど、随所にリアルな設定があるのは好感。
モール内の人間で死んだのは、ゾンビ感染でなく、半数が事故死や仲間割れによる殺害だったり、
『バタリアン』と違って、核弾頭を落として一件落着にならないし、そもそも軍も感染しちゃってるし…。
ストーリー・顛末ともに悪くないし、撮影や音楽がカッコいいので、満足感がある作品。


   ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。



08:20 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:1

おくりびと
2008/10/11(土)
【映画】
『おくりびと』
 2008年日本。監督:滝田洋二郎、出演:本木雅弘、広末涼子
 元チェロ奏者が「旅のお手伝い」という求人広告を見て就職した会社は「納棺屋」だった。これは本当に天職なのか?

 今まで観た中で、最長落涙記録を更新した映画。これでもかというほど泣けます。
 狙っているわけでなく、淡々と送る人々(つまり、遺族。)の姿を描いているところがとても良いのです。淡々とつづっているからこそ、ときにとてもユーモラス。涙と笑いの配分が非常に上手い。

 山崎努、笹野高史、余貴美子の演技が抜群にいいのです。セリフのひとつひとつが珠玉の輝き。
 そのベテラン脇役陣の対極にある本木雅弘も、主人公はこうあるべしというまっすぐな演技が良いです。

 映画もよし、演技もよし。
 モントリオール賞授賞という冠がなくても、間違いなく、今年度の買いの一品です。


   ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。



18:13 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
09 « 2008/10 » 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。