半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2009 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

ハリー・ポッターと謎のプリンス
2009/07/29(水)
 ハリー・ポッターシリーズ第6作目。
 学園内では怪奇な事件が次々と勃発していた。ハリーは闇の帝王ヴォルデモートの影響を懸念し、学友マルフォイを疑うも、スネイプ先生はことごとく彼をかばう。

 初めてハリー・ポッターシリーズを観終えました。
 ビデオでは、どうしても寝てしまうのですが、映画館で見ると映像美と迫力で最後まで観終えました。達成感。
 前5作だって観てないし、小説も第1作第3章までしか読めていません。これだけ何作も続いている映画なので、初心者にはついていけないのを予想して観にいきましたが、一見さんでもリピーターにも応える構成でした。一見さんには小難しい設定話も、シーンの展開の早さで飽きさせません。

 また、小説の映画化は、話を凝縮する分、どこがヤマなのかわからなくなりがちです。
 が、本作は全体の盛り上げ方をコントロールして、最後までじっくりと見させてくれました。(小説既読の方にはご不満はあるかもしれませんが。)

 役者として素敵なのは、やはり、ヘレナ・ボナム・カーター。綺麗なおばさんだなあ。キテる度ナンバーワンです。悪役をやるのが、本当に好きなのね。
 スネイプ先生も大好き。色っぽいおじさま。「吾輩」とか言われるともだえちゃう。悪役なのか善役なのか、どちらに転ぶかわからない重厚な演技もいい。
 
 さて、この作品の世界観にやっと免疫がついたことも、最後まで見通せた要素かもしれません。
 私は、ファンタジー劇団に所属する役者なのに、ファンタジーを観るのは苦手です。異世界に飛ぶならまだ理解できるけど、イギリスのファンタジーは、日常生活に魔法が入りこんでいます。従弟が魔法使いで休暇のたびに居候したり、普通の駅から普通の時間帯に魔法学校行きの電車が出発したり。その感覚についていけず、鑑賞に挫折することたびたび。
 今回はやっと、「ゲゲゲの鬼太郎感覚で観ればいいんだ。」と開き直れました。
 映画も観終えたし、世界観にもついていけたし、これでやっとこの名作に本格的に着手できそうです。


 ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。


ハリー・ポッターと謎のプリンス@映画生活
スポンサーサイト
20:13 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0

コーラスライン
2009/07/16(木)
 1985年アメリカ。ミュージカル・コーラスラインの映画化。マイケル・ダグラス主演。
 
 コーラスラインに涙しない役者はいない。(と、私自身は思っています。)
 劇団四季は当然観るし、昨年のドキュメンタリー映画『ブロードウェイ・ブロードウェイ』も感動でした。『ブロードウェイ~』で選出されたキャストが生出演する、今年来日するミュージカル『コーラスライン』も、財布が許せば必ず観にいきたい!
 
 しかしながら、ミュージカルの来日にあわせて放映された、映画『コーラスライン』。これは、どうなんでしょう。
 主役はキャストではないのです。演出家なのです。彼が主演女優と再会し、恋をするという話なのです。しかも、その演出家はマイケル・ダグラスなのです。話が、一気に昼メロです。
 
 『コーラスライン』そのものも、演出家と主演女優キャシーの恋と確執がテーマではあります。ただ、それは役者として舞台に立つということの意味を映し出す、たくさんの役者が語るうちのひとつのエピソードでしかありません。
 この映画のように、役者の情熱が失われた恋を取り戻すというストーリーだと、ベクトルが全く逆だと感じずにはいられないのです。
 
 『ブロードウェイ~』では、「初演でキャシーが落選するのを、マイケル・ベネットの私怨だと劇評され、人気も低迷した。が、合格する結末に変えたことで、アメリカンドリームを愛する観客たちに、このミュージカルが絶賛されるようになった。」と、関係者の証言から、問わず語りに語られます。
 『コーラスライン』に描かれた舞台人の恋のエピソードとしては、このように秘して浮き上がってくるものの方が、ドラマチックで美しいと感じるのは、私だけでしょうか。
 

   ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。



14:03 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0

劇団三年物語「ロボット」
2009/07/09(木)
 巨大隕石が地球に飛来。謎の生物の侵攻を受け、滅亡のカウントダウンが始まる。人類は、最新型の巨大人型ロボット兵器を用いて戦い続けた。そして、ロボットにも意思が芽生える…。


 設定は平凡だったのであまり期待していなかった分、大きく予想を覆されてよかったです。
 ストーリーテリングがしっかりしていて、細かい設定も充実しており、よくある話を120%膨らませており、飽きる事がありませんでした。

 超スピーディーに展開するので、説明くさいセリフも気にならないのですが、その一方で、発声と滑舌がよくない役者さんが目立ち、舞台背景を理解しきれないのが難点でした。
 脚本の分量とスピード、役者の滑舌と表現力は、いずれかを採るといずれかが劣るという悩みは、どこの劇団にもあるのだなあと、むしろ親近感に似たものを感じてしまいました。

 そんな中で、人工知能を持つ高性能コンピューターを演じていた馬渡直子さんは、滑舌、表現力、キャラクターともに抜群でした。
 ハマリ役という点を差し引いても、とてもいい役者さんです。
 こんな役者さんに、私もなりたい。


 セリフの面での難点はあれど、役者さんの動きやネタの面白さで帳消しにしたくなるほどおもしろかったです。
 特に、役者さんの動き。戦闘中はロボットと操縦士の役者さんがまったく同じ動きをするのですが、どれだけ練習を積んだんだろうと感心します。
 とにかく派手な振り付けで終始踊り続けていて、よくぞ覚えたなあ、体力続くなあ、と。


 動きとネタとかっこよさ。
 さんざん笑わせて、最後にほろりとさせる。
 理想としたい舞台です。


   ご協力おねがいします。
      ↓↓↓
   1日1回クリック。ブログランキング


01:12 | 役者業| トラックバック:0 | コメント:0
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
06 « 2009/07 » 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。