半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2010 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

告白
2010/06/28(月)
 2010年日本。監督:中島哲也、出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生。
 1年生の終業式のホームルーム。担任は「このクラスに私の娘を殺した生徒がいる」と告発する。2年生に進級し、少年Aは壮絶ないじめに遭い、少年Bは引きこもりとなる。その原因を知らないのは、新しく赴任してきた新任教諭のみ。少年A,少年Bの狂気はいよいよ深まっていき…。



 人間の恐さを描いた作品です。
 個人の狂気と、集団の狂気は同じようで別物。別物のようで、それぞれが影響しあい、連鎖して、いつの間にか生まれてしまうもの。
 誰の力でも歯止めが利かないなら、封じ込めて消滅させてしまうしかないのかもしれない。
 物語は集結したけど、連鎖はきっと止まる事がない。それは、身近にも起こりうる狂気。
 流血と残虐シーンに溢れているので、確かにR-15。真似されちゃ困るよねえ。でも、このメッセージは、ティーンエイジャーにも知ってほしいです。

 リアリティのある恐さです。
 それでも、鑑賞後は不思議と寒くはありません。
 人が死んで亡骸になったとき、それに触れて、生きている人って温かかったんだと気付く。
 取り返しのつかないことを見せ付けられたときの気持ち悪さと、取り返したいと願って自然に湧き上がる熱さ。
 その感覚に似ています。

 吐き気をもよおす描写の数々と、ポップな画像処理。そして、底冷えと温かさの相反するものを実感する終幕。『親切なクムジャさん』を思い起こします。
 ああ、あのなんとも言えない重ささは、二度と味わいたくなかったのですが。

 それにしても、時折混ざる、ポップな中島節の映像と音楽。素晴らしいです。
 全体の重さを損なうことなく、むしろスパイスとして効く、ぎりぎりの配合です。
 いよいよ話が重くなってきたという後半戦に、ぽーんとポップなシーンが突っ込まれますからね。監督も勇気があります。でも、すごく自然な流れに思えて、観客は余計に話に引き込まれる。うーん、並大抵の手腕じゃないですね。

 俳優陣では、やはり、松たか子が素晴らしいと思います。
 感情をまったく出さない冒頭のシーン。一言ひとことが伏線ですが、どれも捨てることなく、かといって思わせぶりでもなく、長セリフを綴っていきます。
 そして、中盤の嗚咽するシーン。泣くと言っても、こういう泣き方もあるのだなあと。とても勉強になりました。


  まだまだ、自分のなかで咀嚼したい物語です。
    ↓↓↓
  1日1回クリック。ブログランキング。



続きを読む »
スポンサーサイト
02:44 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:2

神侠侶
2010/06/21(月)
 年間100本は映画を観ようと思ってますが、6月も終わりになろうというのに、まだ40本に満たない状況です!
 いろいろ誘惑が多くてね。
 その誘惑のひとつが、「Gyao」ですね。

 映画にしても、DVDにしても、10年位前に比べて、中国作品が手に入りにくくなりました。
 アジア作品市場は広がっているんですが、韓国作品がすごく伸びていて、中国ものの売場はぐぐっと狭まってしまいました。
 韓国映画も嫌いじゃないんですけどね。

 そこで、「Gyao」頼み。
 (中国ものなら「ちゃんねるNEKO」の方がいいという噂も聞くけど、私にはまだ敷居が高い。)
 アニメばかり見ているという噂もありますが、いえいえ、中国ものも観ているんです。

 金庸をね。

 金庸はこちらでも何度もご紹介していますが、中国4大小説家の一人。武侠小説を得意とする、日本で言ったら、池波正太郎みたいな人。
 日本の時代劇が一定層の視聴率を確保するように、中国では武侠ドラマは定番で、しかも、金庸作品はヘビーローテなのです。
 中国ドラマと言えば、ラインナップに必ず金庸作品は登場。選び放題です。
 Gyaoだと、1~数話を無料視聴できるのでありがたいですね!

 で、今、わくわくしながら観ているのが、『神侠侶~コンドルヒーロー』
 アニメじゃん!!!!
 いやいや、これ、金庸作品の中でも、一番大好きなんですよ。
 それを、日中共同アニメ化ですよ。日本語ですよ。外せません。
 つーか、ドラマは今は配信していないんですよ。。。。

 内容は、「男子禁制の流派に弟子入りした少年が、いつしか美人師匠と恋に落ち(武侠の世界では死刑並み)、でもすれ違ってばかり。お互いに中国全土を探し回りながら、殺しまくって、政争に巻き込まれ、やっと出会えて結婚できる。」って長編ラブロマンスです。
 ウブすぎるお騒がせカップル。もー、楽しい。観るべし。

 タイトルが『コンドルヒーロー』・・・ヒドいよ、BSフジ。
 『神侠侶』はドラマ化時のタイトルですね、たしか。こちらは悪くない。私は、原文の『神剣侠』のが一番好きですが。
 無理なお願いだけど・・・人名とか地名とか固有名詞は、中国名を使ってもらえませんかね?
 李莫愁を「りばくしゅう」と言われると、セクシーさ70%減(当社比)ですよ。


  小龍女も「しゃおろんにゅー」のがキュートさ30%増です。
    ↓↓↓
  1日1回クリック、ブログランキング。 


02:58 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0

アリス・イン・ワンダーランド
2010/06/18(金)
 2010年アメリカ。監督:ティム・バートン、出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター。
 不思議の国から帰ってきたアリス。10年後、貴族との退屈な結婚を控えたアリスは、三月兎を追いかけて、婚約式から逃げ出す。『ワンダーランド』では怪獣退治の勇者として再会を喜ばれるが、アリスは「これは夢の中だ」と信じ込み、マッドハッター達の期待を頑なに拒む…。


 ディズニー映画であるがゆえに、大衆娯楽を目指して、ティム・バートンらしさが中途半端になっちゃった作品。
 と書こうと思ったんですが、「ティムらしさって何よ。」と自問自答して、数日間経っても、答えが出ませんでした。

 ティムらしさって、なんでしょうね?
 私にとってのティム・バートン評は非常に観念的で、「生理的にウェッとくる感覚が、全般に浸透している。割と癖にはなるんだけど、好きとは言い難いアレ」です。ドクターペッパーみたいなものです。飲んだ事ないけど。

 見るからに毒を吐くか、徹底的にシニカルで綺麗な作品にするでいいのに、迷いが見られる仕上がり。
 無理して大衆娯楽を狙わなくていいよ。ディズニー配給だからちょっぴり日和ってしまったのかなあ。
 おや、感想まで観念的になってしまった。


 キャストは、女性陣が非常に頑張っているので満足です。
 アン・ハサウェイは完全にキテて、遊び心満載の演技に感無量。水墨画のようなメイクと衣装も素敵。ティム・バートンの卓抜した色彩感覚を、最も体現できた役です。
 みんな大好きヘレナ・ボナム=カーター(私だけ?)は、今回の仮装もいいですね。リアルに額の皺がキュートでした。憎々しさのなかにかわいらしいさがいっぱいの演技。今まで観た彼女の作品の中で、一番好きです。

 ジョニー・デップは、今回は可もなく不可もなく。
 CGで散々いじられているし、何より日本語吹替版を観たので…。

 平田広明さんの起用はどうでしょうね?
 平田さんが嫌いなわけじゃないのです、ジャック・スパロウは当たり役で好きですし。
 ただ、この俳優さんの吹替えはこの声優さんが充てるというシステムは、好きになれないのです。少なくとも、ジョニー・デップは出演作によって役の雰囲気が違うのだから、同じ声優さんを使う必要はないと思うのですが。
 ジョニー・デップだからって、万が一にも『ギルバート・グレイプ』『妹の恋人』が平田さんに吹き替えられたら、怒りますよ、わたしゃ。


  アリスのほどよくぷにぷにした腕がかわいかった。
    ↓↓↓
  1日1回クリック。ブログランキング。


alice

続きを読む »
00:27 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0

突撃!オグオブ学園
2010/06/13(日)
 所属する劇団オグオブのホームページ・オグオブウェブhttp://www.ogob.jp/)で、学園ドラマを製作・放送しています。
 こちらの第2話に出演しておりますので、お時間のある方はぜひお聞き下さい。

 オグオブラジオ「塚々渡のトーキョー・グルーミィナイト」
 >>http://www.voiceblog.jp/ogob/

 実はこの第2話、同じ脚本でキャスト総入れ替えで、2パターンを収録・放送しています。
 私もまったく違う役で両方に出演していますので、聞き比べてみてくださいね。

●Aパート:美少女サラちゃん(声だけならなんとでも言える)
 オグオブラジオ№13 > http://www.voiceblog.jp/ogob/1135841.html

●Bパート:イケメン高見くん(目指せ!朴○美)
 オグオブラジオ№14 > http://www.voiceblog.jp/ogob/1145152.html

 しょーじき、自分の演技はダメダメですよ・・・。
 時々入るCMのナレーションの方が、まだ聴けると思いますもん。
 難しいね、ラジオドラマ。
 精進努力します。誰か朗読教えて。←他力本願。


  Bパートの「男装の麗人」ってふれこみに驚いた方は。
     ↓↓↓
  1日1回クリック。ブログランキング。



01:33 | 役者業| トラックバック:0 | コメント:0

劇団フォーサム「モモ」
2010/06/08(火)
 モモが愛するのんびり、ゆったりしたまち。そこに、時間節約銀行の魔の手が忍び寄る。まちの人たちに、効率よく仕事をしてお金を稼ぐことを伝授する灰色の外交員たち。モモの友達は次々にワーカホリックになっていく。灰色の外交員達の企みに気付いたモモは、まちの人たちの時間を取り返すと心に決める。

 朗読劇と聞いていましたが、台本のたぐいを持つことなく、セリフもト書きも役者が全てそらで喋るというスタイルでした。
 そうなると、普通の芝居よりも難しいのではないでしょうか。
 次はセリフ、その次はト書き。めまぐるしく話法が変化していきます。台本を持てば誤魔化しもききますが、台本がなければ身体表現も効果的に取り入れることになる。しかしながら、これは飽くまで朗読劇。台本を殺さない程度に、身体表現を抑えなくてはならない。
 さらに、自分の普段の演技パターンに偏ることなく、担当するセンテンス、変化するキャスティングに柔軟に対応していく必要があります。
 良くも悪くも、役者の演技のパターンは偏ってしまうものです。会話劇が得意な役者に対し、抽象的なセリフが得意な役者。セリフが得意な役者と、身体を使った演技が得意な役者。出演者さんたちは、自分の壁を乗り越えることを要求されたことでしょう。

 うーん、難しそう。
 なにより、セリフの暗記が。有機的なセリフと、無機的なト書きを混在して暗記する。私は非常に苦手です。
 でも、とてもやりがいがあって、おもしろそうです。

 朗読主体ということで、演技の巧拙をストレートプレイと比較しては野暮というもの。
 演出のうまさもあり、予想の3倍は楽しませてもらえました。

 ただ、一点だけ悔やまれるのは、冒頭のモモをもっと魅力的に見せてほしかったと思います。
 ふらりとまちに現れた少女は、たちまちまちの人に受け入れられます。彼女の余りある魅力は欠かせません。
 それ以外の部分が非常に優れた演出だっただけに、どうして一番重要な部分を落としたのか、とても惜しいです。


 ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。



19:46 | 役者業| トラックバック:0 | コメント:0

あなピグモ捕獲団「SUPERNOVA」
2010/06/07(月)
 開始30頁で「私には合わん。」と『ノルウェイの森』に挫折した学生時代。先日『1Q84』をお借りしたのでせっかくだから、とダメ元で読書開始。すると、初日で『ノルウェイ』プラス100頁。これはきっと、村上春樹が成長したのか、私が成長したのか、どちらかの効果ですね。

 演劇にも同じことが言えるはず。
 数年前に「この劇団は無理。」と思えたとしても、劇団が成長するか、私が成長するかすれば、おもしろく感じることもあるでしょう。
 今回は、そういう意気込みでのリベンジでした。

 が、結論から申しますと、「無理なものは無理。」
 劇団が成長しないか、私が成長しないか、その両方か。2年前とまったく同じ感想しか持てなかったのですね。
 以下、私が成長していないという前提で、私見で酷評させていただきますので、ご了承ください。

 ストーリーがさっぱりわからない。
 宇宙の爆発と自分探しを重ねた設定、空間と時系列を順不同にした構成。学生演劇を彷彿とする青臭い小難しさです。それは構いません。
 だったら、観客に理解させる努力が必要のはず。なのに、難解な小理屈セリフを延々と並べ、観客をひたすら置いていく。ご託を並べられてもねと、こちらが腰が引けたころに、「理解されなくてもいいんだ」と、主役が開き直って自己主張。観客もドン引きの自己満足ぶりです。

 観客におもねるべきと言っているのでもありません。けれども、演劇ってのは、高い料金でお客様に楽しんでいただくものです。ソフトを理解できるか否かは観客次第といった大上段な態度は、プロの劇団さんとしていかがなものか。
 キャリアがある劇団さんです。変化は望めないでしょう。二度とリベンジはしません。

 長所もあります。
 舞台装置は脚本の主題を絶妙に表現しており、そこに映像と光の効果を加えた時の美しさは見事です。
 また、役者さんも一人ひとりは味があり、いい演技もあちこちに見られました。
 貝谷聡さんは、別の劇団さんで観た時も光ってましたが、今回もうまいなと唸らされました。


 ご協力お願いします!!
     ↓↓↓
   ブログランキング 1日1回クリック。

22:00 | 役者業| トラックバック:0 | コメント:4
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
05 « 2010/06 » 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。