半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

デジャヴ
2007/12/15(土)
公式HP>>http://www.movies.co.jp/dejavu/

 2006年アメリカ。主演:デンゼル・ワシントン
 フェリー爆破事件を捜査していた刑事のダグは、事件の犯人を捜すため、FBIの極秘捜査室に加わる。そこでは、時空を曲げる装置を使い、4日半前の世界を監視できるのだった。
 同時並行で起こった黒人女性クレアの殺人事件が関与していると見たダグは、彼女が死ぬ直前の4日間を監視し始めるが、いつしか彼女に恋してしまう・・・。



 とにかく、すごい脚本です。よくできています。
 4日半前の世界を監視できる装置という設定が、まず斬新。
「我われはあらゆる所に潜ませたカメラで常時撮影されており、その映像のデータ集計が完了した4日半後に、世界中どんな場所をも映像で再現・監視できる。」
 ただし、膨大なるデータ処理上、再現対象は1箇所だけだし、巻き戻し不可の一発勝負だし、サーバーがデータ集計できる有効範囲も限られている。そんな装置の制限が、リアリティ倍増です。
 実は時空を超えて4日半前にもどることもできる!ってあたりは、マユツバだなーと鼻白むのですが、それまでは、いかにもFBIがすでに実現していそうな装置なのです。本格SFよりも、本格派。


 そんな装置を使って、4日半前に殺害された女性を、不眠不休で監視し続ける主役のデンゼル・ワシントン。
 彼女の死体を見ているのに、再現映像と知っているのに、彼女に恋をしていく過程をこまかく表現していきます。脚本の出来を上まわる名演技です。
 時間の軸が次々と移る設定ですので、あたまがこんがらがって演技は難しいはずですが、デンゼルのぶれない演技が、観客を物語の最後までぐいぐい引っ張っていきます。


 4日半前の世界、4日半後の世界。それぞれから経過する時間。
 再現映像で時間が経過するのと平行に、現在の時間も流れ、そして事件の概要が明らかになっていきます。一方で、永遠に埋まらない4日半のタイムラグが、あらたな謎をつぎつぎに生み出すのです。

 4日半後の運命を変えようと奔走する主人公。
 なにをやっても、4日半後の結果は裏目に出てしまう。
 運命は変えられるのか?
 最後の1分間まで、大どんでん返しは続きます。

 このすごさは筆舌に尽くしがたい。伏線につぐ伏線。超弩級のオススメ作品です。


   ご協力おねがいします♪
     ↓↓↓
   1日1回クリック。ブログランキング


dejavu


あらすじを読みたい方は(ネタバレ注意)→→→
【デジャヴ あらすじ】
 フェリー爆破事件の犯人を追うため、FBIに招聘された刑事のダグ。機密装置で4日半前の事件関連現場を監視する任務に就く。タグは、事故と同時に死体で発見された黒人女性クレアを、監視のターゲットに選ぶ。

 この女性は不思議なことに、事故直前に、面識のないタグに不在電話をかけてきた。
 その後死体で見つかるが、事故の前に死亡したに関わらず、事故死亡者を偽装されていた。
 彼女を殺害した犯人と、フェリーを爆破した犯人は同一犯にちがいない。
 そう睨んだタグは、彼女が死ぬまでの4日半を監視するのを決めたのだ。

 缶詰めでクレアの4日半を見つめ続けるダグ。心優しく美しい彼女に、いつしか恋心を抱くようになる。
 機密装置は実は物質移動機能もあると知ったダグは、彼女の殺害を止めさせようとメッセージを送るが、むしろ逆効果。そうして手を尽くしたあらゆる手段が、全て4日半後に起こる事故の残留物証につながっていく。4日半前の世界では、親友を死なせる結果となり、彼女もまた犯人に誘拐されたのだった。
 思いをつのらせたダグは、とうとう自身を物質移動させてしまう。
 誘拐されたクレアを救い出し、爆破予定のフェリーに乗船する。爆弾を解体するつもりだった。

 しかしそこに、下船したはずの犯人とクレアが現れ、爆弾を積んだ自動車のなかに、クレアは再度監禁される。このままではクレアは死に、フェリーは爆破され、4日半後の未来と同じになってしまう。
 ダグは犯人を車でひき殺した後、そのまま海に飛び込んだ。単身、自動車とダグは爆破する。

 クレアは救い出され、フェリーの爆破もまぬがれた。しかし、ダグは浮き上がらなかった。
 悲しみにくれるクレアのもとに、4日半前のダグが現れて彼女と接見するのだった・・・。
 
スポンサーサイト
02:49 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:2


コメント
ほーベタボメですね~~。

今度観てみます。
    2007/12/16(日) 02:20:52 | URL | えぼし屋本舗 #-[ 編集]
めずらしく褒めてみました。
いい映画ですよ。映画通のえぼし屋さんにも喜んでいただけると思います。
    2007/12/18(火) 07:07:00 | URL | >えぼし屋さん #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/101-4eec7bf6
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
09 « 2017/10 » 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。