半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

フリーダムランド
2007/12/20(木)
 公式HP>>www.sonypictures.jp/movies/freedomland/

 2006年アメリカ。スーザン・スミス事件をもとにしたベストセラー同名小説の映画化。
 主演:サミュエル・L・ジャクソン、ジュリアン・ムーア
 人種対立がさかんな町の境界線で、誘拐事件が起こる。黒人男性からのカージャックに遭い、車に乗った男児が連れ去られたという白人女性からの通報。黒人刑事ロレンゾが事件の真実に迫るうち、事件は人種差別による暴動に発展する。
 新感覚サスペンスでせまる都市問題、人種問題、現代の家族像。
 


 原作者が脚本を手がけており、主題の純粋さが保たれている優秀作品。社会問題を取り扱っていますが、心理描写を可能にしてたくみな映像効果と編集、ストーリー展開で、重苦しさを感じる間もなく映画に引き込まれます。
 多くの謎を抱えた被害者、ジュリアン・ムーアの迫真の演技も必見。
 子どもを誘拐されて心神喪失する母親、家族にも認めてもらえない孤独、極貧ながらも幸せな生活に魔が差す一瞬。
 女として母として人間として、ひとはこれほどにも複雑に悩みを抱えなくてはならないのかと実感させられる、混沌とした人格を演じてくれます。


 さて、題名の「フリーダムランド」は、映画に出てくる場所のひとつです。ターンポイントではありますが、物語の主軸の場所ではありません。
 主軸の場所は、フリーダムランドを含むアームストロング地区。黒人の低所得者が住む公団地区で、犯罪が身近にある町。
 白人労働者の住む隣接地区とのいさかいが絶えず、被害者が白人であったことから、「犯罪の町」アームストロングは封鎖されます。事件の真相が明るみに出た後も混乱はおさまらず、逆に住民の鬱憤は人種暴動というかたちで噴出します。
 つまり、「フリーダムランド」とは固有の場所を指すのではなく、人権を蹂躙されて閉塞したアームストロング地区すべてを象徴しているのでしょう。


 また、アメリカでは「11才以下の児童を、親の監督下にない状態で放置すると(たとえ自宅でも)虐待=犯罪」という法律があります。
 だからこそベビーシッター業がさかんなのであり、同時にベビーシッターによる児童虐待も社会問題化するわけです。
 したがって、この映画の被害者が「貧乏でベビーシッターを雇えない。病気の子どもを夜中に連れまわすしかない」という切迫した状態が理解できますし、事件の真実においても、彼女がベビーシッターを雇える環境にあれば、結果として、事故が事件に発展することはなかったでしょう。
 子どもを車内に残して親はパチンコ・・・という話がめずらしくない日本では理解できない、児童保護先進国・アメリカならではの映画と言えます。


    ご協力お願いします♪
       ↓↓↓
    1日1回クリック。ブログランキング


フリーダムランド



ストーリーを読みたい方は(ネタバレ注意)→→→→

【フリーダムランド あらすじ】

 黒人低所得者が住むアームストロング地区を担当する黒人警官・ロレンゾのもとに、緊急指令が入る。隣の白人労働者居住区との境界で、白人女性が黒人男性によりカージャックされたという。
 急行したロレンゾは、被害女性ブレンダから、車内に彼女の4歳の息子がいると打ち明けられ、事態は児童誘拐事件に発展する。

 ブレンダの兄は白人居住区の警官だった。市民同様、所轄同士も仲が悪い土地柄で、兄は独断でアームストロング地区を封鎖した。
 表向きは誘拐犯のあぶりだしであったが、内実、管轄を超えた黒人軽犯罪者の大量逮捕が行われた。住民たちは反発し、一触即発の状況だった。

 一方、ブレンダにつきそうロレンゾは、彼女の言動に奇異を感じていた。そこで、誘拐児童を草の根で探し出すNPO「ケリーの友」に協力を依頼する。
 「ケリーの友」はブレンダをともない、アームストロング地区の児童養護施設跡地『フリーダムランド』で捜索活動を開始する。その場所で、自身も息子を誘拐されたままの「ケリーの友」代表カレンに説得され、ブレンダは「息子を埋めた場所に連れて行く」と案内する。

 真実は、事故であった。
 ブレンダが恋人のもとに向かった晩、息子が彼女の気を引こうと、わざと風邪シロップを大量に飲んだのである。混乱したブレンダは、恋人に依頼し息子を公園に埋めた。
 通報は「アームストロングで黒人男性に襲われたと言えば信用されるし、よくある事件としてすぐ忘れ去られる」と考えた彼女の狂言であった。
 すべてを証言したブレンダは息子を失った哀しみを改めて受け止め、心神耗弱に陥った。

 事件は解決したかと思いきや、濡れ衣をなすりつけられたアームストロングの住民の怒りはおさまらなかった。居住地の境界で、白人警ら隊と黒人住民が衝突、暴行と流血が繰り広げられた。
 中立を守りながらも、その態度を両者から批判されたロレンゾは、暴動を制止しようとして負傷したのだった。

 精神病棟で服役するブレンダに面会に訪れたロレンゾ。彼女に自分の家庭を説明する。
 ろくでなしだった昔の自分、荒れた家庭で非行に走り、強盗で服役中の息子。親として後悔し、「誰もが自分の息子だと思える」とブレンダに告白するのだった。
 そのあと服役中の息子に面会したロレンゾ。ブレンダを思い、アームストロングの住民を思って、息子の前で涙するのであった。


フリーダムランド@映画生活
スポンサーサイト
07:10 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/103-19b75d85
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
07 « 2017/08 » 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。