半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

レミーのおいしいレストラン
2008/01/03(木)
 公式HP>>www.disney.co.jp/movies/remy/


 2007年アメリカ。ディズニー&ピクサー。
 天賦の料理の才をもつねずみのレミー。故・天才コック・ヴィクトーの「料理は誰にでもできる」の言葉に励まされ、無能なリングイニ青年の身体を借りて、パリの有名レストランで腕をふるう。しかし、人間とねずみの溝は深く・・・。



 ねこのマリーちゃんや、ハチミツ色のプーさんのように、愛らしい容姿ではありません。いかにも不潔そうなどぶねずみ色。
 そこがミソですね。不潔な印象があるねずみ。観客にも嫌悪感をもたれそうなその姿。映画を観る前は「こいつが料理をつくるのか。」と想像して、軽く吐き気をおぼえました。

 しかし、そのリアルに汚らしいねずみが、何度も何度も挫折しながら、問題を少しずつ解決して夢をかなえていく。
 定番のサクセス・ストーリーなのに、苦さも感じさせるうまい演出は、主人公のビジュアルのおかげです。夢をかなえるため努力する姿は、観客の差別意識をも変えていきます。
 ま、生理的に受けつけないひとは、どれだけいい映画でも、ネズミのコックは受け入れられないですけどね。そこは、製作者も賭けに出ましたよね。
 

 そして、ラストの料理評論家・イーゴー氏の評論が、実に名文です。
 映画において文章を傾聴するという機会はめったにないですが、その格調の高さに耳を傾けましょう。
「評論家というのは、実に気楽な職業である。(中略)だが、若き才能を守るために、評論家も勇気を出そう。」
 そうしてネズミの料理人・レミーを賞賛して、イーゴーは失脚します。
 しかし、そこに残るのは爽快感。それは、自分の仕事をまっとうしたから、結果の如何に後悔はない。それがプロというものだ。という自負心なのです。
 (これだけの役割を担わせておきながら、イーゴー氏の描写が少ないのは、作品としてはやや不満。)


 「誰にだってできる」とネズミの身の上で料理人をめざした勇気
 料理を愛する心に忠実に、評論家魂を貫く勇気

 この映画ではかなり詳細にレストランや料理評論家の実態が取材されていますが、その精神を描くのにも成功しています。その意味では、アニメといえど子ども向けではなく、働くオトナのほうがメッセージを重く受け取ることでしょう。
 自分のマイナス面ばかりに気をとられて、女優の道にひるんでいないか。
 自分の感性だけを信じて、演技も評論も生み出せているか。
 わたしのなかの勇気に、自問自答する作品でした。


   読んでいただいてありがとうございます!
      ↓↓↓
     1日1回クリック。ブログランキング


レミーのおいしいレストラン
レミーのおいしいレストラン@映画生活

 ストーリーを読みたい方は・・・・→→→
【レミーのおいしいレストラン ストーリー】

 レミーは天才的な五感をもつ野ネズミだった。彼は腐った食材をあさる野ネズミ生活に不満だった。人家に忍び込み、おいしい食材を盗みながら、故・天才料理人ヴィクトーに憧れ、ひそかに人間のことばとレシピを勉強していた。

 ある日、仲間とはぐれ、大都市パリに流れ着いたレミー。空想のヴィクトーにはげまされ、ヴィクトーのレストランの厨房でスープをつくる。そのスープが大絶賛され、落ち目だったレストランに客が集まってくる。レミーは、料理の才能がまったくない雑用係のリングイニに協力してもらい、彼を操っておいしい料理をつくった。
 レストランは大繁盛したうえ、リングイニがヴィクトーの遺児と判明し、マスコミの注目の的となる。

 しかし、その頃からレミーとリングイニの歩調は乱れてくる。日陰者の存在が不満なレミー、恋人もできて羽振りのいいリングイニ。
 ふてくされるレミーに、飢えた野ネズミ一族は依存し、レミーはとうとう彼らにレストランの食べ物を盗んで与えてしまう。裏切られたリングイニは、レミーに別れを告げる。
 それはまさに、名声の高い料理評論家イーゴーが、マスコミの寵児のリングイニに挑戦してきた日であった。
 運悪くレミーは、リングイニに恨みを持つ元スーシェフに捕らえられる。が、レミーの料理への情熱を理解した父ネズミと野ネズミたちに救出され、リングイニの窮地を救いにレストランに向かう。

 レストランでは、レミーを失って料理ができなくなったリングイニに、コックたちが詰め寄っていた。イーゴーはすでに待ち構えている。リングイニは正直に、今までの料理はレミーのおかげだと打ち明ける。失望したコックたちはレストランを立ち去っていった。
 茫然自失のリングイニを前に、レミーの指揮のもと、清潔に身体を洗ったネズミたちが料理を始める。そのころ、ヴィクトーの「だれでも料理ができる」という遺言を思い出した、女性シェフのコレットもレストランに戻ってきた。レミーの技術にきづいたコレットは、サポートを申し出、リングイニもホールを切り盛りし始めた。

 ヴィクトー始めリングイニに反感をもつ堅物の料理評論家イーゴーに、レミーがつくったのは「ラタトゥイユ」。待たされて怒り心頭だったイーゴーは、その料理を食べた瞬間、望郷のおもいにかられた。幼少のおりの、母の温かさを思わせる料理だったのである。イーゴーは絶賛し、レストランのクローズ後、レミーと会う。

 勇気をもってレミーを絶賛した評論で、イーゴーは失脚し、ネズミが発生するとの噂がひろまったおかげでヴィクトーのレストランはつぶれた。
 しかし、一堂はめげなかった。
 ネズミのシェフが腕をふるうので評判の小さなレストラン「ラタトゥイユ」は、今晩も繁盛するのだった。

スポンサーサイト
20:42 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:1


コメント
はじめまして
はじめまして

昨日、レミーのおいしいレストランを見ましたがとてもよかったです。

特に、料理評論家・イーゴーはよかったですね。個人的に評論家への目線を変えていこうと思いました
    2008/03/20(木) 09:28:13 | URL | まさあきすと #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/109-a4188cb2
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
05 « 2017/06 » 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。