半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

地下鉄(メトロ)に乗って
2008/01/12(土)
公式HP>>>www.metro-movie.jp/

 2007年日本。浅田次郎原作の同名映画。主演:堤真一、岡本綾。
 女性下着のセールスマン・長谷部真次は、希代の実業家である父と絶縁していた。ある年の兄の命日、永田町駅をあがると、昭和39年の中野にタイムトリップしていた。
 その日を境に、愛人のみち子とともに、父の過去にタイムトリップを繰り返すようになる。次第にあきらかになっていく、家族の秘密。



 浅田次郎のさすがのストーリーテリング、ぐんぐん引き込まれていきます。
 タイムトリップを繰り返すんだろうなとか、「父はほんとうはいい人だった。」の定番ラストなんだろうなという予測どおりの展開なのに、構成とか伏線がうまく生きていて、鑑賞後はしゃくだけど満足してしまいます。
 そして、テンポのつくりかたも非常に上手です。
 現代シーンはリアルに描き、テンポはゆっくり。そのたるみに飽きたころに、地下鉄が線路を疾走する急テンポの抽象カット。次の瞬間には過去に放り出され、躍動的でドラマチックな物語がスタート。
 小説では味わえない演出で、緩急ある2時間を楽しめます。


 さて、これから先は、かなりのネタバレ。
 演出上まったくスルーしていて、それでいいのか?と疑問だったのは、主人公のふたりは近親相姦という真相。
 あっさりと流して、ストーリー上、うまいこと悲劇物語の土台にしてしまっていますが、不倫&近親相姦はよろしくないでしょ。主人公たちは、もうちょっと反省しなさい。とツッコんでしまったのも、客心理をたくみに突かれたという証拠でしょうか。
 個人的には生理的にうけつけない話だと感じたのに、それでも美談に見えるのは、岡本綾の演技のせいかもしれません。清純派のような、すべてを熟知した百戦錬磨のような、ただのぎこちない演技のような。そんなニュートラルな雰囲気が印象的です。
 

  ご協力お願いします♪
    ↓↓↓
  1日1回クリック。ブログランキング



メトロ

ストーリーを読みたい方は(ネタバレ注意)→→→→

【地下鉄に乗って あらすじ】
 弟から「父の見舞いにきてほしい」と電話を受けた長谷部真次。奇しくもその日は、父と喧嘩したまま事故死した長兄の命日だった。帰宅途中、ふとしたきっかけで永田町の地下鉄出口をのぼると、そこに昭和39年の中野のまちが広がっていた。
 ひとに話しても一笑にふされる不思議な体験だったが、ある晩、愛人のみち子とともにタイムスリップしていた。今度の世界は、戦争直後の闇市。何度もタイムスリップを繰り返すようになり、長谷部は若き日の父と交友を結ぶようになる。

 若き日の父はガサツで豪胆で、危ない道を平気で渡りあるく闇市商人だった。しかし強烈な魅力にあふれ、仲間への情に厚い面も持ち合わせており、長谷部は彼に惹かれていくようになる。
 何度となく繰り返されるタイムスリップで、長谷部は戦時中の父にも遭遇した。地下鉄にあこがれ、命を賭けてひとを救い、まだ見ぬ未来の息子たちの将来を思い描く男。それが、父の実像だった。
 なによりも、長兄の死は父のせいでなく、父の実子でない秘密を打ち明けた母の言葉にきっかけがあったという真相を知った。むしろ父は、家族のまえでは平静をよそおいながら、陰で悲嘆に暮れていたのだった。

 数多くの真実を胸に、父への邂逅をとげた長谷部。みち子は、彼を導いて、昭和39年の中野を案内する。たどりついたのは、みち子の母が経営するバー。みち子の母は、長谷部の父の愛人だった。
 一度も自分に会ってくれなかった父を恨んでいたみち子だったが、彼女もまた、タイムトリップを重ね、父に愛されていた事実を知る。その幸福を胸に、愛する長谷部に父を返すため、みち子を宿した母を突き落とし、みち子は自分の存在を抹殺する。

 現代にもどった長谷部は、末期の父に会いに行った。
 そして、数ヵ月後、母とともに父の墓参りをすませた長谷部。母も、数々の秘密を抱いて生きているのだろう。ふたりで、中野に向かって歩き出す。 
スポンサーサイト
09:17 | 映画・DVD| トラックバック:1 | コメント:0


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/113-f46be6c8
「地下鉄(メトロ)に乗って」レビュー
「地下鉄(メトロ)に乗って」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお *監督:篠原哲雄 *原作:浅田次郎 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽に...
    2008/01/13(日) 09:51:20 | 映画レビュー トラックバックセンター
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
07 « 2017/08 » 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。