半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

シザーハンズ
2008/01/19(土)
 1990年アメリカ。監督:ティム・バートン、主演:ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダー

 両腕がハサミの人造人間エドワードが、人間の住む小さな町で暮らすようになる。植木やペットのカットで人気者になるが、純真さを悪用され、次第に町の人から敬遠される。
 純真な彼に同居人の娘キムは惹かれるようになるが、町の人々の悪意により、エドワードは隠れ城に追い戻されてしまう。



 学生時代を通じて何度となく観た作品ではありますが、観るたびに新鮮な発見があります。
 ティム・バートン×ジョニー・デップ作品といえば、最も直近で観たのは『チャーリーとチョコレート工場』ですが、モチーフは難解で、大人でも頭を悩ませてしまう、ファンタジーの形をした哲学作品だと感じました。
 「子どもも喜ぶ作品」としてよく挙げられますが、映像美やキャラクター設定に興味を惹かれるだけで、ぜったい子どもには理解できませんよ。(もしかしたら、子どもにしか理解できないのかもしれませんが。)

 それに比べ、同じカテゴリーの映画として比較すると、『シザーハンズ』は非常にシンプル。
 結末までわかるストーリー、上映時間も1時間半。寓話をベースにしているためか、きわめてファンタジーの王道を歩んでいます。
 それなのに、ディズニー映画とは異なり、主題は、人の心の弱さや、かなわぬ愛。現実の苦さを感じさせる結末。
 ファンタジーかつエンターテイメントの基礎を忠実になぞりつつ、それらの主題をさわやかに描くという手法は、簡単なようで実に難しく、ファンタジー劇団に所属する身としては何度観ても学ぶところの多い作品です。


 また、改めて気づいたこの作品のすばらしさは、色使いの美しさ
 墨絵のごとくモノクロの隠れ城に対し、キャンディーのようにポップでカラフルな人間の町。その不自然を極めた色使いの合間で、唯一ナチュラルなのが、エドワードの純粋な心を印象づける新緑の庭。

 ポップな色使いはとくに斬新で、エドワードが町にやってきた翌朝、カラフルな家々からカラフルな自動車が行儀良く出発する遠景は秀逸です。
 ただのかわいらしくポップな遠景シーンに、人心の怖さがちらりとのぞき始めます。ダンナさまたちが出勤したあと、奥様がたがエドワードのゴシップで大騒ぎする予兆を表現しています。
 場面転換のコマにもかかわらず、長い尺で撮りおろすことでそれ以上の効果を発揮させた、監督の才能がきらめくワンシーンとなっています。


   読んでいただいてありがとうございます!
       ↓↓↓
    1日1回クリック。ブログランキング



シザーハンズ
シザーハンズ@映画生活 

ストーリーを知りたい方は・・(ネタバレ注意)⇒⇒⇒⇒

【シザーハンズ ストーリー】

 化粧品のセールスレディ・ペグは、町はずれの荒れ城に営業に来た。外見と異なり、美しく整備された庭木の城。そこに隠れ住んでいたのは、両腕がハサミでできた人造人間のエドワード・シザーハンズだった。
 孤独なエドワードを気の毒に思ったペグは、自分の家で一緒に暮らすよう、彼を町に連れてきた。異様な風貌のエドワードであったが、植木やペットのカットに非凡な才能を見せ、たちまち町の人気者となる。

 ペグの娘・キムは思春期で、エドワードになにかと冷たく当たっていた。が、彼女の恋人がたくらんだ押し込み強盗の際、キムたちの替わりにつかまったエドワードの優しさに、次第に惹かれるようになる。
 しかし、エドワードの純粋さと才能を悪用する者が次々に現れては、エドワードに罪をなすりつけるため、町の人々はエドワードを疎ましく感じるようになる。また、キムヘの愛とその恋人への嫉妬を抑えきれず暴走するときもあるエドワードを、家族も持て余すようになってきた。

 クリスマスの晩、エドワードはキムに似た天使の氷像を製作していた。雪のように降り注ぐ氷の粒のなか、彼の愛を感じたキムは踊る。しかし次の瞬間、エドワードのハサミがキムの手を傷つける。
 愛するキムを傷つけたことで深く動揺するエドワード。キムに慰められ、抱擁をもとめられるが、彼の腕はハサミである。気持ちはつながっているのに、永遠に埋められないキムとの違いを感じたエドワードは、ひとり出奔する。

 彷徨うエドワードの目前で、キムの弟が、暴走車にひかれかけた。彼を助けたエドワードだったが、勢い余ってハサミで傷つけてしまう。町の住人が駆けつけ、エドワードは人を襲う極悪人として、警察に指名手配される。
 隠れ城に逃げ込んだエドワード。そこに、キムも追いかけてきた。さらに、二人を追ってきたキムの凶暴な恋人。エドワードは彼ともみ合ううち、恋人の胸をハサミで突いてしまい、恋人の身体は城の塔から落下していった。
 キムはエドワードを救うため、別れを告げた。城に押し寄せてきた住人の前で、キムはエドワードも死んだと証言し、城をあとにするのだった。

 
 町に伝わる伝説を、孫娘に語りおえた老婆。
 ふたりは二度と会うことはなかったけど、それ以来、この時期になると雪が降るのだと付け加える。
 それは、雪が降ることのなかった町に、永久に降り注ぐ氷像のかけらなのであった。

スポンサーサイト
09:17 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:1


コメント
はじめまして、ホーギーといいます。
この映画、私がジョニーと出会った最初の作品です。エドワードのキャラクターにすっかり魅了されました。
コメディータッチの部分もあるけど、全体的に切なく、でも美しいストーリーに感動しました。
今でも、ときどき観る作品です。そして、これからも、心に残る名作だと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。
それからTBもお願いします。
    2008/03/13(木) 00:01:23 | URL | ホーギー #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/117-704ce668
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
07 « 2017/08 » 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。