半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

グーニーズ
2008/03/06(木)
 1985年アメリカ。スピルバーグ製作。
 屋根裏で、伝説の海賊の遺した宝の地図を見つけ、落ちこぼれ仲間「グーニーズ」を率い、宝さがしに出かける。
 町のはずれのレストランにたどりつくも、そこはお尋ね者のフラテリ一家の隠れ家だった。。。



 『インディ・ジョーンズ』シリーズにハマった新春。
 映画第2作で中国少年を好演したキー・ホイ・クワァンは『グーニーズ』にも出ていたね、と話を聞いたので、観てみた作品。

 中盤まで少年4名の冒険もの。『スタンド・バイ・ミー』へのオマージュかと誤解してしまいましたが、『スタンド~』は『グーニーズ』の翌年の作品。
 そういえば、4人のうちのひとり「マウス」は『スタンド~』のコリー・フェルドマン
 あれ? 『スタンド~』って、もっと古い作品と思ってたぞ。
 むむ~。どうも年代記憶があやしい。
 それでも、主役のマイキー少年は『ロード・オブ・ザ・リング』のサムだし、前掲のキー・ホイ・クワァンは『グリーン・ディスティニー』かなにかで武術指導をしていた。
 確実に年をとってるんだなあ。
 ・・・というくらい、私のなかでは「子どものころ爆発的に流行った映画」の印象が強い作品です。(私も年をとったのね。)


 さて、その長年の期待を裏切らない、エンタメ的おもしろさがありました。
 小ネタも効いてるし。キャラも立ってるし。ストーリーも明快。涙も笑いもある。
 フラテリ一家なんて、宮崎駿のオマージュだと(今度こそ)思うのだけれど、どうでしょう?
 
 その反面、中だるみする部分もあり。
 フラテリ一家とのおいかけっこと、宝探しと、怪人スロース。
 3つのストーリーが出そろった中盤、どれが主線なのか見失う瞬間があります。
 登場人物が増えすぎて画面がごちゃごちゃしたり、物語のテンポが悪くなったり。時計を見る回数が増えてしまいました。
 
 涙も笑いもスリルも全部とりたいと欲張るならば、このへんの配分が肝要ですね。
 ここが監督力の見せ所。と思いますが、営利やら人気役者の出番やらに左右されがちで、かじ取りはなかなか難しい。
 映画も芝居もおんなじだなあ。


   最後まで読んでくださって感謝!
     ↓↓↓↓
   1日1回クリック。ブログランキング。



  グーニーズ
グーニーズ@映画生活

 ストーリーを読みたい方は・・・・→→→
グーニーズ ストーリー】

 借金の差押で明日、家を追い出される病弱なマイキー少年。
 伝説の海賊・片目のウィリーの地図を屋根裏で見つけ、宝を探しだせば借金を返せると考えた。
 落ちこぼれ仲間グーニーズを誘って、地図のとおりにたどり着いた町はずれのレストラン。
 そこには、指名手配中のフラテリ一家が隠れ住んでいた。

 フラテリ一家に恫喝され一度はひるむも、グーニーズは借金返済のために再度レストランに忍び込む。
 弟を迎えにきた兄のブランドや、その女友達まで、宝さがしにつきあう羽目に。
 レストランの地下には長い洞窟が続いており、盗掘を恐れて、何重もの罠がかけられていた。
 グーニーズたちは励まし協力しあい、宝の眠る場所に到達しようとしていた。

 捕縛した太っちょチャンクから宝さがしの謎を明かされ、フラテリ一家はグーニーズを追う。
 同じくフラテリ一家に捕縛されていた怪人スロースと意気投合したチャンクは、彼とともにグーニーズとフラテリ一家を追う。

 洞窟を抜け、地下海に浮かぶ片目のウィリーの宝船にたどりついたグーニーズ。
 宝を手に入れるも、フラテリ一家に追いつかれ、宝を奪われてしまう。
 しかしそこに、チャンクとスロースも到着。
 フラテリ一家は追い詰められ、とうとう最後の罠にかかり、地下海は崩壊する。

 地上では、親たちと警察がグーニーズを無事保護し、フラテリ一家を逮捕した。
 グーニーズの嘆願によりスロースは免罪され、チャンクと暮らすことになる。
 マイキーがフラテリ一家に取り上げられずに隠し持っていた宝石で、借金を返済し、町に住み続けるようになった。 
  
スポンサーサイト
06:46 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:2


コメント
「グーニーズ」の脚本は「ハリーポッターと賢者の石」のクリス・コロンバス監督だね。

「グーニーズ」は映画よりもファミコンのゲームが懐かしいねえ(笑)
    2008/03/06(木) 12:01:58 | URL | えぼし屋本舗 #-[ 編集]
>えぼし屋さん
脚本家さんは知らなかったなぁ。
キャラが立ってるのに、私が飽きちゃった点は共通してます。
相性悪いのかな?

ファミコンは、みんな言いますねー。
わたしはソフトの存在も知りませんでした★
    2008/03/06(木) 17:29:11 | URL | のんゆり #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/135-2eeb13cd
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
05 « 2017/06 » 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。