半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

関西弁の危険度~『針子のトラ!!』
2007/07/06(金)
 前回、「関西弁が演技のさまたげになった」と書きました。
 「言葉を操る商売の役者が、そりゃ言っちゃいけないでしょ」と言うなかれ!
 コマ撮り&方言指導者がつきっきりのドラマや映画とわけが違います。方言は習得に数ヶ月かかるうえに、脇役ならばともかく、主役ならば暗記すべきせりふは膨大、さらにキャラの深みを出せというのですから、舞台の世界ではかなり荷が重いのです。
 そのうえ、関西弁。これは興行的に博打です。
 マケオシミに聞こえてもしゃあないけど、マケオシミちゃうで~。
 興行を打つうえで、役者がどーにかできる問題と製作サイドがどーにかしなきゃいけない問題があるって話です。


 さて、関西弁。他の方言とくらべて明らかに分が悪い。
 第3都市関西圏出身者・経験者はそこらへんにうじゃうじゃしてて、関西弁ネイティブにとっちゃ、関西弁が聞こえたら、そこはアウェイでもホームに早変わり。
 つまり、他の方言ネイティブに比べ、関西弁ネイティブは絶対数が多い上に、偽マイ方言への不寛容性が高いのを良しとする傾向があります。
 ことばというのはデリケートなもの、関西弁ができないだけでその役者の技術を全否定するお客さまもいます。努力して実績を積み上げてきた役者でも、方言以外の技量をハナから受け入れてもらえないという悲しい結果になりかねません。


 ちなみに第3都市福岡出身の私は、役者の方言に違和感があれど『東京タワー』にも『バンビーノ』にも文句はありませんし、せいぜい舌打ちするくらいでしょう。
 マイナー方言は「そうそう、こんな感じな気がする」とネイティブ・非ネイティブともに敷居が低い。映画『SAYURI』は日中韓ごちゃまぜやんけ、でも「Oh! Japan!!」と好意的に受け止められたというのと似ています。
 カタコト日本語の準主役をやったことがありますが、同程度の達成度でもお客さまのウケはいいのは、マイナー言語への要求が高くないということでしょう。


 つまり、その他の方言と比較しても、主役に関西弁をしゃべらせるのは冒険といえます。
 マケオシミ言うなという方には、「アメリカ人の前で英語劇をやってみろ、字幕では外国映画を観ないヤツらだぜ?」と敢えて言わせていただきましょう。


 それを踏まえたうえで芝居を打つとするならば、役者の関西弁習得努力は当然必須、しかしそれに一任してしまうと興行は失敗します。
 ①関西弁をしゃべられる役者を起用する。
 ②必要最低限まで関西弁を削る。
という、製作者サイドの対策はかなり重要です。
 お客様は「関西弁習得できないあの役者はクズだが、それを放置して舞台に乗せた劇団はもっとクズだ。」と不快に感じ、今後、その劇団からは足が遠のくからです。(実際にこういうアンケートがいくつかありましてねぇ。。。)

 製作サイドの関西弁残留へのこだわり(あるいは無頓着)が、愉しみを買いにきたお客様を不快にさせている。

 ここに至って、主役にまずい関西弁をしゃべらせるのが「冒険」を超えて「博打になります。
 たとえそのこだわりが芸術性からくるものであっても、お客さまを置いていっては舞台とはいえませんのでねぇ。


 ヤフオクでチケットが飛び交うほど大手の劇団さんならば博打もいいかもしれませんが、リピーターさん確保が肝要の弱小劇団は、些細なこだわりは捨てて、お客さまひとりひとりをとりこぼししないよう最善策をとる必要があります。
 これはもはや役者の努力責任を超えています。その対策をとるべきは製作サイドであり、方針変更の見切りをつけられなかったのならばそれは製作サイドの落ち度だと言えます。

 
 方言ごときで役者を全否定されるのは、有力なコマを殺しているようなもの。
 それをあえて見殺しにするのは、芝居づくりを放棄しているようなもの。


 お客さまを大事に、役者を大事にする劇団でありたいものです。


 読んでいただいて感謝です♪
  ↓↓↓
 1日1回クリック。ブログランキング

スポンサーサイト

07:00 | 役者業| トラックバック:0 | コメント:0


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/40-644d38df
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
05 « 2017/06 » 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。