半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

項羽を、なぜ項羽と呼ぶのか?
2007/03/03(土)
 前回、中国の方たちが「諸葛孔明」を「諸葛亮」と呼ぶのが一般的である理由は、歴史書は「姓+名(=諸葛亮)」で書くのが正当だからだと仮説を立てました。
 すると今度は、「では、項羽をなぜ項羽と呼ぶのか?」と再質問されました。

 項羽は、姓=項、名=籍、字=羽。

 だから、前回の理屈だと、「中国の方も「項籍」と呼ぶはずなのに、「項羽」と呼んでいるじゃないか?」という逆襲です。
 やるなぁ~、マジで★ 想定外ですよ~。一本取られましたよ~。


 前回はがんばって史料をひっぱってきましたが、今回は体力が尽きました。
 史料は正史(『史記』『漢書』)だけです。ここからざっくり仮説じゃ~!
 (こんな姿勢だから、いつまでたっても史学研究室に戻してもらえない。。。)

 さて、中国の歴史書の決まりごとについてちょっとご説明させていただくと。
 ひとつの王朝Aが滅び、次の王朝Bが立つ。そのとき、次の王朝であるBには、前の王朝Aの歴史書=正史をつくる義務が生じます。これは、天命に従い、BがAを正統に継いだという証明です。
 そして、そのA王朝の正統な治世を著述するにあたり、その章立てにはルールがあります。

 皇帝に関する著述は「本紀」
 【例:「秦始皇本紀」・・・始皇帝、「高祖本紀」「高帝紀」・・・劉邦】
 それ以外の人物に関する著述は「列伝」
【「淮陰侯列伝」「韓彭英盧呉伝」・・・韓信他】

 さて、司馬遷が著した『史記』は最初に成立した正史と位置づけられています。
 このうちの本紀は12章あり、伝説上の帝である「五帝本紀」から漢の武帝である「孝武本紀」まであります。
 このうちの7つめが「項羽本紀」なのです。列伝ではありません。つまり、司馬遷は項羽を単なる楚王、一国の王ではなく、中国の正統な君主と数えているわけです。
(ちなみに、その前後は始皇帝と高祖(劉邦)です♪)
 これは、司馬遷が項羽びいきであったからというわけではありません。むしろ、項羽本紀は項羽の人となり・政治には批判的なのです。
 にも関わらず、項羽は中国の正統な君主であると位置づけられているのです。


 そこで注目していただきたいのが、「項羽本紀」の章題です。
 他の本紀の皇帝には主に諡号(皇帝が死後に与えられる最上級の名)を用います。しかし、項羽は正式な皇帝として即位したわけでありませんので、諡号を持ちません。
 そこで、司馬遷は、君主に対する目下の者からの礼儀として、「姓+字(成人時に名乗る名)」を用いたのだと考えられます。
(「姓+名(幼名)」は目上からしか呼べず、同僚・目下は「姓+字」で呼ぶ。前回記事参照※)

 
 中国の正史・二十四史の第一『史記』。
 歴史・伝記ものとして中国人に深く愛されている『史記』のうちでも、『項羽本紀』は名文として深く好まれてきました。
 中国を統一しながらも非業の死を遂げる悲運の帝として、その名とともに、中国人に愛され続けているのです。

↓↓↓ 1日1回ワンクリック★
blogランキングへ
スポンサーサイト

08:47 | 歴史| トラックバック:0 | コメント:0


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/6-20a44ad7
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
09 « 2017/10 » 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。