半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

フィラデルフィア美術館展
2007/10/25(木)
@東京都美術館
http://www.phila2007.jp/

 アメリカ・フィラデルフィア美術館が収蔵する、印象派および20世紀のヨーロッパ画壇の巨匠や、アメリカ人画家47作家の油彩画の展示。キュビスムの展示が多いのも特筆に価する。

 展示担当の方の挨拶文(公式HP)にもありますが、「よくぞ気前良く貸してくれた!」と感謝するほど、著名な画家ばかり。
 ルノワールの裸婦(『大きな浴女』)が初来日と話題です。そのほかにも『ルグラン嬢の肖像』の超絶美少女ぶりなど、本展覧会の目玉はルノワールでまちがいありませんが、ルノワールは苦手なので(前述『今さらながらオルセー美術館②』参照)、お気に入りの他の画家について書きたいと思います。


エドゥアール・マネ
 最愛の“マネの黒”は必見。特に『キアサージ号とアラバマ号の海戦』は、マネお得意の海が主役です。
 底の見えない黒さ、日の光をあびて透き通る碧さ、激しいうねりの蒼さ。それらが絶妙に描き分けられ、荒れ狂う大海をつくりあげます。さらに軍船の黒が、絵画全体を引き締めています。
キアサージ号とアラバマ号の海戦



エドガー・ドガ
 ドガといえば踊り子ですが、今回は絵でなく、ブロンズ像。ドガの踊り子への愛が伝わってきます。
 もう一点、『室内』は映画のワンシーンを見ているかのようです。照明の薄明かりの室内、ドアの前に立ちふさがる男と、男を拒むように白くやわらかい首筋をさらけ出す女。照明の光の円の外にあって見えない二人の表情が、張り詰めた空気を生み出しています。
室内



アンリ・マティス
 年代によってさまざまな画風を描いてきたマティスの3点が来日していますが、『青いドレスの女』は秀逸。
 晩年の切絵の技法に到達する直前の作品で、油彩画ながら、後代を彷彿とさせる斬新な色づかいが美しいです。
青いドレスの女


ジョアン・ミロ
 シュルレアリスムは好きで、このたび来日したマグリットもキリコも大好きです。
 しかし、初めて知ったジョアン・ミロの『月に吠える犬』の愛らしいことと言ったら!
 暗闇に描かれたマヌケ顔の犬と月とはしご? 画家のなぞの言葉「そんなことは知らないよ!」の落書き。
 絵をナマで見ないと味わえないこの宇宙を、ぜひ会場でごらんいただきたいものです。 
月に吠える犬


ジョン・スローン
 アメリカ人画家をこれほど一挙に味わうのは初めてです。なんだか合理的な絵柄と感じられ、映画の看板のテイストがあるのも気のせいではないでしょう。
 なれば、ジョン・スローンの『ニューヨーク6番街30番通り』は社会派映画かもしれません。
 華やかな大通りを、ビール片手にさまよう初老の女。下着同然で冬の街をあるく彼女を、おしゃれな若い女たちが失笑する。それにつられ、通りすがりの男たちも、口唇をゆがめて酔っ払いの女を見やる。
 格差が人の心にも根をおろした瞬間をとらえた名作です。
 

  ご協力お願いします♪
   ↓↓↓
  1日1回クリック。ブログランキング



ルグラン嬢の肖像

スポンサーサイト

02:21 | 博物館・美術館| トラックバック:3 | コメント:4


コメント
印象派の絵は好きです。
ルノアールも好きです。

アメリカの画家だとホッパーあたりが好きですねえ。

ワタシも見に行こうかと思ってます。
    2007/10/26(金) 04:00:59 | URL | えぼし屋本舗 #-[ 編集]
>えぼし屋さま
印象派お好きですか。
わたしのえぼし屋さんのイメージは、ロマン派なんですよ。
ドラクロワみたいな演技が似合いそうなので。

アメリカ画家は今回初めて見ましたね。
アメリカ近代画家だけで1フロア使ってまして、見ごたえがありましたので、ぜひどうぞ。
    2007/10/28(日) 22:31:01 | URL | のんゆり #-[ 編集]
ドラクロワですか~。
実はドラクロワとベラスケスとレンブラントの作品が見分けられないのです(笑)
    2007/10/31(水) 00:02:24 | URL | えぼし屋本舗 #-[ 編集]
>えぼし屋さま
たとえば輪郭を描くときに違いがあるかな、と。

ドラクロワが一番漫画的というか、「ありえねー」な感じ。
レンブラントはその次くらいに漫画的で、色でくっきり輪郭を描き分ける。
ベラスケスはあまり輪郭をはっきり描くのを好まない。

・・・と、個人的に見てますが、いかがでしょうね。
    2007/11/01(木) 00:20:25 | URL | のんゆり #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/80-24f0d3ff
フィラデルフィア美術館展@東京都美術館
 「フィラデルフィア美術館展~印象派と20世紀の美術」に東京・上野公園内の東京都
    2007/10/25(木) 19:45:50 | Serendipity !
ゴーギャンとピカソ
 東京都美術館で開催中の「フィラデルフィア展」に行きました。 ゴーギャン「パラヒ・テ・マオ」は夢で見た聖なる山の姿を描きましたが、それもさることながら、注目はピカソ。 一般的には「ピカソ=キュービズム」と思われていますが、実際にはキュービズムと断定されて
    2007/11/09(金) 00:37:20 | 舞台女優の鑑賞録yahoo支店
ピカソまたしても盗難
ピカソ、今年も暮れになってまた盗まれた。 美術品の盗難はわりがあわない。 盗んでも結局、売りさばけないからだ。 だからといって手元に保管するにしても、発覚の危険が高まる。 早く返還したほうがいい。 返還してください。 発覚をおそれて、粉々に壊す、なんて?...
    2007/12/22(土) 08:37:00 | 舞台女優の鑑賞録goo支店
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
07 « 2017/08 » 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。