半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

胡同のひまわり
2007/12/06(木)
公式HP>>>www.himawari-movie.com/

 画家の夢を断たれた父親と、天賦の画才を有しつつも父の英才教育に反発する息子。少年期から成人期を通し、愛憎しながらも親子は癒着する。近代化で排斥される北京・胡同を舞台に、「父親になる」とは何かを赤裸々に描く。
 中国第6世代の張楊監督作品。サン・セバスティアン国際映画祭最優秀監督賞。


 舞台設定が現代のごく身近な場所で、低予算でインディーズ色が強いこと。これが、中国映画第6世代の特徴です。日本でいえば、ミニシアターで上演されるような作品ばかりです。
 黄金期の第4世代に強く影響を受けた私ですが、封建社会からの個の解放を描いた第4世代に比べ、第6世代は解放された個の回帰を描いている印象があります。
 その回帰する場所が家族だ、という結末も、日本映画のお手軽感では語れません。個の尊厳の前では家族すら打破すべき敵だという感性にとらわれていた人々には、家族に回帰する選択とはじゅうぶん勇気がいる結論なのです。


 家族も友人も打破すべき敵だった時代に画家の道を閉ざされた父親。その苦渋の時代の精神から解き放たれたいと願いながらも、封建的な父親像を捨てきれずに息子に接してしまいます。
 自立心旺盛な息子は過干渉に耐え切れずに両親との別離をいくたびも謀りますが、そのたびに連れ戻され、結局は親に依存する実態に甘んじています。
 父の重圧から逃れたい息子の自傷。アパートを欲しがる母の偽装離婚。恋人2人の堕胎。父と和解を望み続けた旧友の孤独死。多くの事件を経ても、平行線をたどる重すぎるふたりの半生。
 その重圧に耐えたさきに、「父と僕」を描いた連作の前に腰掛ける父と息子の後姿を堪能できるのです。
 そしてこの作品が優れているのは、家族に回帰できた今こそ個の解放を選ぶという父の逆説的な結論だと言えます。それを象徴するひまわりの色鮮やかさが、灰色の北京の街に非常に美しい映像となっています。


 最後に、息子の2人の恋人が堕胎するエピソードは、ともに主要な争点となっています。
 「一人っ子政策」を推進する中国では、日本人の自分が思う以上にこれは深刻な事態で、「今は子どもをつくる時機じゃない」という言葉ひとつをとっても、一子に賭ける重みの差異を考慮せずにいられません。
 「優秀な遺伝子を残す環境整備の一環としての妊娠中絶」は社会問題なのかもしれませんね。


   ご協力お願いします♪
     ↓↓↓
   1日1回クリック。ブログランキング


胡同のひまわり


ストーリーを読みたい方は(ネタバレ注意)→→→→
【胡同のひまわり あらすじ】

 文化大革命で強制労働に囚われた父が帰ってきた。初めはぎくしゃくしていた父子の関係も、次第にそれらしくなってくる。息子・向陽に天賦の画才を見出した父は、彼に厳しい英才教育をほどこすようになっていった。がんじがらめの英才教育生活に嫌気がさした向陽は、右手をわざと怪我したり家出したりしては父に反抗する。
 そのころ大地震が起こり一家は被災する。その折、文革時に父を告発したのが、隣人で親友の劉さんであったと判明。強制労働によって画家としての右手を害した父は、その後物心ともに向陽家をひたすら応援する劉さんを、一生許すことはないと突き放しつづける。

 画学生となった向陽は学校をさぼり、闇商売に手を染めた。反抗心はなお高く、親元を飛び出し広州に渡ろうとした矢先、発覚して父に連れ戻される。そのうえ、恋人が妊娠。向陽の父母は密かに彼女に堕胎させ、後にそれを知った向陽は激怒し、両親からの自立を宣言する。

 さらに10年後。両親は協議離婚。長年切望していたマンションの配分を受けるための偽装離婚であり、すぐに再婚する腹積もりの母を尻目に、父はひとりで胡同の旧家に住み続けていた。新進気鋭の画家として初めての個展が間近に迫る向陽は、妻とふたりで居を構えていたが、なにくれとなく両親に呼び出されては、家族で口論を繰り返す関係は相変わらずだった。
 そして、妻が妊娠。「中絶なんてするな」と懇願する両親に、向陽は憤る。「お父さんに反発したさに堕胎すると決めたみたいだ」と妻に指摘され、反発にこだわる自分の姿に気づいた向陽は、父のもとに赴く。 「自分は完璧な父親になりたい。いまはまだそうなれる自信がないのだ。だから、中絶する。」父へのコンプレックスを初めて父に打ち明けたのだった。

 向陽の個展の朝。父は、静かすぎる隣家の様子に気づく。隣家に入ると、将棋盤を前にした劉さんが冷たくなっていた。口では過去の罪を許すことはなかったが、壊されいく北京の胡同でただふたり居残った仲、遠まわしに将棋をさすのが唯一の楽しみだった親友の死であった。
 父はその足で個展に向かい、息子の描いた大作「父と僕」のシリーズを眺めて歩く。息子とふたり、それぞれの肖像画の前でたたずんでいた。
 家族で個展の祝賀ディナーを楽しんだ晩、父は失踪した。残されたカセットテープには、妻も向陽も知らなかった父の真情が吹き込まれていた。完璧な父親を目指しつつも、挫折感に打ちひしがれた父。それでもなお息子を誰よりも愛し、干渉をやめられなかった父。父として夫として、家族から解放されたいと望んだ父。

 翌年、向陽は父親となった。息子の退院の日、自宅の前に大輪のひまわりの鉢が贈られていた。向陽が産まれた朝、胡同の旧家の庭で向日葵が咲き乱れていたように。戻ることはない父が見つめていてくれていると、向陽はたしかに感じたのであった。
スポンサーサイト
07:12 | 映画・DVD| トラックバック:0 | コメント:0


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/97-8cedbbf7
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
07 « 2017/08 » 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。