半径723mmの鑑賞録
 歴史好きな舞台女優による「古今東西、美しいもの」の鑑賞録です。 最新流行を追わなくても、「いいものは、いい」。 それを、きちんと形に残していければいいな。 ※ネタバレ注意※
Copyright © 2017 半径723mmの鑑賞録, All rights reserved.
Category..|最新の記事映画・DVD歴史マンガ博物館・美術館ニュース役者業未分類ひとこと
RSS + ADMIN + HELP

スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)

ひげ太夫『十傑峡』
2007/12/11(火)
公式HP>>> www.higedayu.com/

 女性だけのパフォーマンス集団「ひげ太夫」第25回公演。東京大塚・萬スタジオ。
 最高4段の組み体操を頂点に、全編を組み体操で舞台をいろどる。舞台装置いらずの肉弾戦。
 キャストたちは「役者」でも「女優」でもなく、「出し物師」だ。劇団員フォトグラフはひげの隈取必須である。



 とにかく驚いた。
 暗黒舞踏の芝居なら観たことあるが、そういうなんだか小難しいものを超越している。運動会の組体操を見て素直に「おおーっ」とため息をつく、あの感情なのだ。
 1時間50分の上演時間でノンストップの組体操。その変幻自在ぶりは、ピタゴラスイッチのしかけのように計算されていて無駄がなく、全員一丸・全力投球、しかも一瞬たりとも目が離せない。


 笑いとは、芸人のネタや間合いのよしあしだけではない部分がある。
 つまり、観客の笑う体制が万全であれば、ハシが転がっても大爆笑になる。
 ひげ太夫の笑いは、出し物師さんの技術もさることながら、ひげ太夫の舞台を前にした観客の心情にも寄る。ひとは体力の限界に到達すると、感情が爆発しやすくなる。身体能力の限界に挑んだ舞台を前に、観客が出し物師にシンクして、自分のなかの「笑いの臨界点」を軽々と超えてしまう。
 だから、なんでもないセリフに会場中が爆笑する。自信をつけられた出し物師はノリノリでネタをふる。さらに観客は爆笑。笑いの連鎖が好転していく。


 ひげ太夫の舞台は、芝居なのか?
 と問われると、そうじゃないかもしれない。
 脚本は支離滅裂だし(南梁という舞台設定は劇団の雰囲気に合ってたが)、演技がうまいわけではないしね。(個人的にツボという出し物師さんはいるが、役者としてではない。)役者の芝居に泣かされることも、脚本のメッセージにきゅんとくるということもない。
 やっぱり、「出し物」なのかも???

 でも、演技が90点の舞台より、演技が40点+出し物が80点の舞台のほうがおもしろいのはまちがいない。
 演技がうまい劇団なんてめずらしくない。同じ金を払うなら、演技じゃなくてもエンターテイメントが満喫できる舞台がいい。
 演者も楽しめて、お客様も楽しめる、払ったチケット代より価値のある舞台を。
 原点に還らされた会心の、そしてオススメの舞台である。


 余談ですが、ひげ太夫10周年を記念して、日替わり出演(難攻不落の山の、手ごわい門番という役どころ。)した劇団上田のコントに抱腹絶倒。

★コント・ひげ太夫★ 「おい、おまえ! You! そこの、ヒゲだ!You!

いいものを2本も見せてもらって、すごくお得な舞台でした.



  ご協力お願いします♪
    ↓↓↓
  1日1回クリック。ブログランキング


ストーリーを読みたい方は(ネタバレ注意)→→→→

【十傑峡 あらすじ】
 中国・南梁。不思議な悪天候が続いていた。人間が大地を荒らすため、天地のバランスが崩れ、天が落ちてくるのだという。天地に異変が起きたとき。必ず現れる伝説の十傑峡は現れるのか。
 天才大工、天才彫刻家らは反発しあいながらも、次第に理解しあい、旅を続けるようになる。苦しい旅のすえ、彼らは新しい十傑峡に選ばれる。
 地下資源を取り出すため大地を掘り返す超人と戦い、みごと勝利をおさめた十傑峡。ゆがんだ天を、十傑峡の柱で支えるため、力をあわせて高い高い塔を組む。

 
スポンサーサイト
06:19 | 役者業| トラックバック:0 | コメント:2


コメント
あ、行ったんだ。
私は確か案内もらったのに行ってないや。。。
知り合いがいるから数回見てるけど、最初は確かに面白かったなぁ~。
残念ながら、数回行くと・・・(以下自粛w)
    2007/12/19(水) 14:19:33 | URL | もりちえ #-[ 編集]
芝居というより出し物要素が強いからねー。
何度も観るのにはある程度、芝居要素を高めてもらえたほうが観やすいね。
    2007/12/20(木) 07:12:25 | URL | >もりちえさん #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ogobno9.blog84.fc2.com/tb.php/99-2a1b0db8
[ PROFILE ]

NAME : のんゆり
劇団オグオブの女優です。
劇団オグオブHP>>>
http://www.ogob.jp/

[ CALENDER ]
09 « 2017/10 » 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

[ ENTRIES ]
劇団オグオブ第18回公演 「鬼狩愚連隊、参上!」
オレンジジュースに罪はない
パクチーズ
ふりむけばカムロちゃん
政見放送

[ ARCHIVES ]
2016年10月[1]
2014年10月[1]
2014年07月[1]
2014年03月[1]
2013年11月[3]
2013年01月[1]
2012年10月[1]
2012年04月[1]
2012年03月[2]
2011年08月[1]
2011年06月[1]
2011年01月[1]
2010年12月[2]
2010年11月[1]
2010年10月[1]
2010年09月[3]
2010年08月[1]
2010年07月[4]
2010年06月[6]
2010年05月[2]
2010年04月[2]
2010年03月[9]
2010年02月[2]
2010年01月[5]
2009年12月[5]
2009年11月[1]
2009年10月[4]
2009年09月[3]
2009年08月[1]
2009年07月[3]
2009年06月[5]
2009年05月[2]
2009年04月[4]
2009年03月[2]
2009年02月[5]
2009年01月[2]
2008年12月[2]
2008年11月[3]
2008年10月[4]
2008年09月[1]
2008年08月[8]
2008年07月[4]
2008年06月[4]
2008年05月[3]
2008年04月[7]
2008年03月[12]
2008年02月[10]
2008年01月[14]
2007年12月[11]
2007年11月[14]
2007年10月[20]
2007年09月[12]
2007年08月[4]
2007年07月[8]
2007年06月[7]
2007年05月[8]
2007年04月[10]
2007年03月[8]
2007年02月[4]

[ COMMENTS ]
ゆうみん[04.16]
TMO幸手(なが)[04.07]
Maki[04.03]
通りすがり[08.17]
ざちう[06.09]
のんゆり[08.22]
Normal13[08.06]

[ TRACKBACKS ]
まとめteみた.【沖縄国際映画祭】[03.29]
映画レビュー「トイ・ストーリー3」[09.08]
ザ・ウォーカー[07.19]
『インビクタス/負けざる者たち』お薦め映画[04.01]
月曜ですねー><[05.18]

[ LINKS ]
劇団オグオブ
劇団オグオブ稽古場日記
夢をかなえるブログ
さびぬき王子の三の丸
明日は明日の風が吹く
オグオブ裏ブログ
舞台女優のアートな備忘録
mixi
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。

Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。